<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

小崎、杉村、いのもり必勝を/日本共産党と後援会の決起集会で決意/松山市議選

2017年12月28日(木)

 

(左から)林、小崎、杉村、いのもり、植木の各氏

 

来年4月22日告示の松山市議選(定数43)で、小崎あい子予定候補、杉村ちえ予定候補=いずれも現=と新人の、いのもり春枝予定候補の勝利をめざす「松山市議選必勝!日本共産党と後援会の決起集会」が15日、松山市の市民会館小ホールで開かれ、50 人が参加。参加者は、松山市議選での3議席回復・前進の決意を固め合いました。


林紀子県委員長は、総選挙の教訓と課題を明らかにした日本共産党の第3回中央委員会総会について報告。「3中総に学び、身につけ、松山市議選に活かして戦おう」と呼びかけました。


植木正勝党中予地区委員長は、松山市議選の基本方針を提案。「交渉会派の3議席絶対回復を政治目標として戦う。わが党の戦いは、市民のくらし、福祉を守る力を格段に高める、市民と野党の共闘の要である日本共産党の力を強める、2019年の県議選、参院選での躍進・勝利の足がかりを築くという三つの意義を持つ戦いだ」と力説しました。


小崎氏は「市議会の中で野党共闘を実現し、2年半の間、毎週市駅前で街頭宣伝を続けてきた。共闘の力を強めるためにも3議席は絶対必要」、杉村氏は「戦争美化の歴史教科書や国家主義的な道徳教科書を子どもたちに押しつける松山市政を変えるためにも3人当選を」、いのもり氏は「市民の願いを市政に届けるパイプ役、市民の声を聞き、一緒に行動する議員をめざす」とそれぞれ決意表明しました。


参加者から「いのもりさんの決意に心打たれた」「低所得でも入れる特別養護老人ホーム実現のために3人を必ず」などの発言がありました。

 

    ページの先頭へ

    | 1/941PAGES | >>

    search this site.

    新着記事
    更新履歴
    携帯サイト
    qrcode

    Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
    POWERED BY JUGEM