<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

学校給食無料化など公約実現へがんばる/日本共産党 坂尾真氏が16位当選/宇和島市議選

2017年09月04日(月)

 

バンザイをして当選を喜び合う坂尾氏と党員、支持者ら(8月28日、宇和島市)

 

宇和島市議選(定数2減の24、立候補者33人)は8月27日投票され、日本共産党の坂尾真氏(68)=現=は、1370票(得票率2.99%)を獲得し、16位で当選しました。


新人が16人も立候補する大激戦でしたが、坂尾氏は前回20位から16位へ順位を上げました。得票数は、前回と比べると53票減(得票率も0.06ポイント減)でした。


自民党の現職が1人落選しました。日本共産党の議席占有率は、前回3.85%から4.17%へと前進しました。


議会新分野は、共産1(1)自民11(16)公明3(3)社民1(1)新進1(0)無所属7(5)。投票率70・02%。


選挙事務所に集まっていた党員や支持者らは、「バンザイ!」をして当選を喜び合いました。


坂尾氏は「みなさん、ありがとうございました。選挙で訴えた公約実現に向けてがんばります。とくに学校給食の無料化や、中学校卒業までの子どもの医療費無料化を実現したい。これから医療と介護のたいへんな大改悪が進められようとしており、住民の楯となってがんばります」と決意を語りました。


選挙戦で日本共産党と坂尾氏は「安倍政権の地方切り捨て、福祉切り捨てから市民の命・くらしを守り、お年寄り、若者、子どもたちが安心して暮らせる市をつくるために全力を尽くします」と訴え、▽国保料1世帯1万円の引き下げ、介護保険料・利用料の軽減▽学校給食の無料化▽中学校卒業までの医療費無料化▽店舗リニューアル助成制度の創設▽クラブ活動など就学援助制度の拡充▽伊方原発再稼働反対、原発ゼロへ――などを公約し、支持と共感を広げました。

    ページの先頭へ

    | 1/900PAGES | >>

    search this site.

    新着記事
    更新履歴
    携帯サイト
    qrcode

    Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
    POWERED BY JUGEM