<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

共闘強め、アベ政治を終わらせよう/日本共産党がいっせい宣伝行動/新居浜市

2019年12月27日(金)

 

「安倍政治を終わらせて、まともな政治をつくろう」と呼びかける伊藤東予地区副委員長ら(13日、新居浜市)

 

日本共産党新居浜市委員会は13日、新居浜市の裁判所前交差点で街頭宣伝し、安倍首相の「桜を見る会」私物化疑惑の真相究明に向けて力を尽くす決意を述べるとともに、来るべき総選挙で、市民と野党の共闘を強め、安倍政権を終わらせようと訴えました。党四国ブロックいっせい宣伝行動の一環。


8人が参加し、「憲法9条をまもり、いかす政治を」との横断幕や、「消費税5%に」と記したのぼりを掲げてアピールしました。手を振って激励する市民もいました。


同党東予地区委員会の伊藤学副委員長は「臨時国会は閉幕しましたが、『桜を見る会』疑惑は深まるばかり」と述べ、「この新居浜でも市民のみなさんが、怒りを通り越して、『本当にいまの安倍政権は何とかしないといけない』との思いを強めている。安倍政治を終わらせて、まともな政治をつくろう」と呼びかけました。


井谷幸恵市議は、10月からの消費税10%増税について、「現金で支払う、なじみの客や高齢の方がいるのに、キャッシュレス決済の人だけを値引きする訳にはいかない」と悩む商店主の声を紹介し、「消費税は百害あって一利なしの悪税です。消費税5%への減税の声を広げましょう」と呼びかけました。


通りがかった市内の女性(76)は、「桜を見る会」疑惑で、「安倍首相が悪いのはみんな分かっています。野党にがんばってほしいし、私たち国民も黙っていてはいけませんね」と話しました。

    ページの先頭へ

    | 1/1195PAGES | >>

    search this site.

    新着記事
    更新履歴
    携帯サイト
    qrcode

    Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
    POWERED BY JUGEM