<< August 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

3号機をただちに停止せよ/日本共産党・田中県議 四電と知事に申し入れ

2016年08月25日(木)

JUGEMテーマ:共産党(日本共産党)

 

日本共産党の田中克彦県議は12日、松山市の四国電力(佐伯勇人社長)の原子力本部を訪ね、伊方原発3号機をただちに停止するよう申し入れました。中村知事には、四国電力に対して停止をただちに求めるよう要請しました。


原子力本部で田中県議は、参院選挙時の地元新聞の世論調査では、伊方原発の再稼働に否定的意見が54%もあり、「県民の根強い不安感があらためて浮き彫りになった」との報道を示して、再稼働に強く抗議しました。


県民が一番不安に思っている基準地震動などの新たな知見を真しに受け止め、再検証し、見直しを含めた検討を行うことや、公開での住民説明会開催などを求めました。


四電原子力本部エネルギー広報グループの森実慎二副リーダーは「社長と技術部に伝える」と答えるにとどまりました。


中村知事には、避難計画を審査対象にすることを原子力規制委員会に求めるよう要請しました。


県原子力安全対策課の影浦久課長は「知事に伝える」と答えました。


四電は、田中県議の原子力本部内への入館を拒み、玄関先で要請書を受け取るという非礼な対応を行いました。

    ページの先頭へ

    | 1/731PAGES | >>

    search this site.

    新着記事
    更新履歴
    携帯サイト
    qrcode

    Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
    POWERED BY JUGEM