<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

福祉・教育最優先の市政に/支持を広げに広げよう/日本共産党 井谷、かたひら候補押し上げを/新居浜市議選 4月21日投票

2019年04月18日(木)

 

支持者に囲まれて「くらし、福祉、教育最優先の市政をめざします」と第一声を上げるかたひら候補(14日、新居浜市)

 

「住みよい新居浜市をつくるため、みなさんの力で再び議会に押し上げてください」と訴える井谷候補(14日、新居浜市)

 

大激戦の新居浜市議選(定数26、立候補者30人=共産2、立民1、公明4、無所属23)は14 日告示され、21日投票されます。日本共産党は、井谷ゆきえ候補(66)=現=と、かたひらえみ候補(51)=新、党市女性・青年相談室長=が立候補し、2議席確保をめざして全力。党と後援会は「最後の最後まで、井谷、かたひら候補への支持を広げに広げよう」と大奮闘しています。

 

井谷ゆきえ候補

 

井谷候補は、新居浜市大生院の選挙事務所前で行われた出発式で、70人の党員や支持者を前に、「住みよい新居浜市をつくるため、みなさんの力で再び議会に押し上げてください」と力強く訴えました。


井谷候補は、「四国一子育てにやさしい街」と言いながら、学校給食調理場のセンター化や給食費の値上げを決定した市政と、消費税増税中止を求める請願を不採択にするなど市民の願いに背を向ける一方で、頻繁に北海道への視察を繰り返す市議会のあり方を批判しました。


中学校卒業までの医療費無料化の実現や、第3子の学校給食費無料化を実現するなどの党市議団の実績を紹介し、学校給食の無料化や住宅リフォーム助成制度の創設などの公約を訴えました。


一色一正東予地区委員長は、相次ぐ問題発言による閣僚の辞任に触れ、「今度の選挙は、安倍暴走政治に厳しい審判を下す選挙だ」と力説。「市民の命とくらしを守る党の2議席確保のためにも、井谷さんを押し上げてください」と訴えました。


党市女性後援会の高須賀順子前市議は「井谷さんは、大変誠実で人柄もいい。安倍政治の下で党の議席はどうしても必要。なんとしても井谷さんを議会へ送り出しましょう」と呼びかけました。


西条市から駆けつけた井谷候補の父の伊藤康さん(91)があいさつし、滋賀県に住む娘さんからの手紙が紹介されました。


日本共産党の仁比そうへい参院議員と白川容子党四国ブロック国政対策委員長のメッセージが紹介されました。


参加者は、「団結がんばろう」を三唱し、井谷候補の必勝、2議席絶対確保を誓い合いました。

 

かたひらえみ候補

 

かたひら候補は、久保田町の選挙事務所前で70人の支持者、後援会員を前に第一声。


「子どもが元気で幸せに、生き生きと暮らせる街づくりが私の原点です。勇退される岡崎溥市議は、住民が主人公の立場で市民に寄り添い、中学校卒業までの子どもの医療費の無料化、救急車の増車などを実現しました。私もしっかりと後を引き継ぎ、くらし、福祉、教育最優先の街づくりを進めます」と元気いっぱいに決意表明しました。


「私の娘は、重度の障害者です。いずれ学校を卒業しますが、ささやかでも社会に役立ち、必要とされる人生を生きてほしいと願っています。障害という個性を持った人たちが住みやすい街は、だれにとっても住みやすい街だと思います。そんな街づくりをめざします。私は、どこへでも出かけ要望を聞き、議会ごとに発言し、その結果をお知らせすることを約束します」と訴えました。


林紀子県委員長は「かたひらさんは、新風を市議会に起こしてくれる候補者です」と紹介。▽母と子、市民の願いを市政にまっすぐ届ける▽市政の厳しいチェック役を果たす▽新居浜市から安倍暴走政治ノーの声をしっかりと国に届ける――ことを必ず成し遂げると確信していると強調しました。


岡崎市議は、日本共産党を除く新居浜市議会は、▽10分間の一般質問時間の拡大に反対▽北海道への視察旅行を毎年行っている▽市民のくらしを守る請願にことごとく反対――していると批判。「市民の願い実現のためには絶対になくてはならない日本共産党の2議席です」と、かたひら候補への支援を訴えました。

    ページの先頭へ

    新居浜市議会議員選挙にみなさんのお力添えをお願いいたします

    2019年04月17日(水)

     

    4月14日告示、21日投票の新居浜市議会議員選挙に、井谷ゆきえ候補(現)、かたひらえみ候補(新)の勝利を目指してがんばっています。

     

    両候補のパンフレット、リーフ、チラシを掲載いたしますので、ぜひ御覧下さい。

     

    ■井谷ゆきえパンフ

     

    ■かたひらえみリーフ

     

    ■にいはま民報

      ページの先頭へ

      日本共産党1議席を確保/田中克彦氏が6位で再選/県議選

      2019年04月15日(月)

       

      支持者、党員とともに万歳を三唱して勝利を喜び合う田中氏(7日、松山市)

       

      「参院選勝利で安倍政権退場を!国政私物化・忖度政治打破を」「県民の願い実現に日本共産党の活躍に期待します」――。県議選は7日投・開票され、日本共産党は、松山市・上浮穴郡区で田中克彦氏が8867票を獲得し、6位で当選、現有1議席を確保しました。今治市・越智郡区の秋本桂子さんは3735票を獲得しましたが、及びませんでした。八幡浜市・西宇和郡区の遠藤素子さんは2546票を獲得して次点でした。日本共産党は、14日告示の新居浜市議選で井谷ゆきえ、かたひらえみ両候補の必勝、夏の参院選での市民と野党の共闘候補の勝利と日本共産党の躍進をめざして全力を上げます。

       

      松山市・上浮穴郡区で日本共産党の田中克彦氏(51)=現=は、8867票、得票率5・59%を獲得。前回より5298票減、得票率を2・86ポイント減らしました。


      定数16を20人(共産1、自民5、立民1、国民1、公明2、無所属9、諸派1)が争う激戦でした。


      再選を決めた田中氏は、選挙事務所に集まった支持者、党員らを前に、「ご支援いただいたみなさんに心からお礼を申し上げます」と感謝の言葉を述べました。


      投票率の低さに民主主義の危機を感じるとした上で、「安倍暴走政治の下で、悪法の強行、伊方原発の再稼働、加計問題をはじめとした国政私物化などに国民が怒っていても、その思いにわれわれが応えきれていないと受け止めるべきです」と指摘。


      「『消費税10%増税の中止、子どもの医療費の中学校卒業までの無料化、伊方原発を廃炉に』の訴えに、県民からの共感、期待の高さを実感することができたのも事実です。県民の思い、願いを実現するために、県政に対するスタンスが違う国政野党とも共通項を見出して共闘を追求したい」と決意を語りました。


      党県委員会の小路貴之県常任委員は「参院選では、すべての1人区で市民と野党の共闘候補を実現し、愛媛選挙区での勝利、比例での7人全員当選で、希望ある政治を実現しよう」と呼びかけました。


      田中氏に花束を贈った渡部朋子さんは「中学生の子どもがいます。中学校卒業までの医療費無料化をぜひ実現してほしい。市民の小さな声を拾い上げ、県政に届けてくれる田中さんの活躍に期待します」と話していました。


      県議選(総定数47)は、無投票となった伊予市(定数1)、伊予郡(定数2)、大洲市・喜多郡(定数2)、西予市(定数1)、宇和島市・北宇和郡(定数4)を除く8選挙区(定数37)で戦われました。


      選挙戦の焦点は、▽消費税の10%増税強行、9条改憲など暴走する安倍政権に地方から審判を下す▽県政に「住民福祉の機関」という本来の役割を取り戻させ、国の悪政から住民を守る役割を果たさせる――などにありました。


      選挙戦となった8選挙区の投票率は、過去最低を更新し40・39%でした。

        ページの先頭へ

        このままですますわけにはいかない!/秋本桂子さん得票率増やすが及ばす/今治市・越智郡区

        2019年04月15日(月)

         

        「このままですますわけにはいかない!次は参院選だ」「政治を変えよう」「これからもがんばろう!」――。今治市・越智郡区(定数6、立候補者8人)の日本共産党の秋本桂子さん(57)=新=は、3735票(得票率6・47 %)を獲得しましたが、8位で及びませんでした。


        前回4年前の日本共産党候補者より得票率を0・26ポイント増やしましたが、過去最低の投票率(42・25%)の下で、得票は120票減らしました。


        同選挙区は、共産1、自民2、立憲1、無所属4の8候補が争う大激戦。自民2、無所属4の6氏が当選。立憲の福田剛県議は落選しました。


        秋本さんは、選挙事務所に駆けつけた党員と支持者らを前に、「課題を克服するべく働きかけていきたい」と力を込めてあいさつ。
        「私自身の力不足です。残念です。政治離れや無関心、あきらめを打破していきたい。昨年6月からの長い戦いで、多くの方々に支えられ、感謝しています。暑い38度の真夏から、雨の日や風の日もありました。ありがとうございました」と述べました。


        支持者らは、花束を秋本さんに贈り、「ご苦労様でした」「お疲れ様でした」とねぎらい、大きな拍手を送りました。

          ページの先頭へ

          参院選に向けてがんばりたい/遠藤素子さんが2546票獲得し次点/八幡浜市・西宇和郡区

          2019年04月15日(月)

           

          日本共産党と無所属2人の3候補が争った八幡浜市・西宇和郡区(定数2)で日本共産党の遠藤素子さん(78)=新=は、2546票(得票率14・02%)を獲得。前回より1194票(3・77ポイント)減らしたものの、16年参院選の比例票を1296票上回りました。


          遠藤さんは選挙を終え、「安倍自公政権を黙って見過ごしてはいけない、『伊方原発を廃炉に』の声を上げるべきだとの思いから、立候補を決意して2カ月、悔いのない戦いができました。街宣に主力を置き、目標の500回を超え、訴えが届いたところでは、『原発だけはダメ』『消費税が上げられたら、年金暮らしの私たちは生きていけない』『県にはっきりものを言って』などの声も街頭から寄せられるようになりました。いまの活動水準を下げることなく、参院選に向けてがんばり、私たちの主張をもっと浸透させていきたい」と決意を語りました。

            ページの先頭へ

            | 1/191PAGES | >>

            search this site.

            新着記事
            更新履歴
            携帯サイト
            qrcode

            Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
            POWERED BY JUGEM