<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

消防署・消防団など地域防災力を強化せよ/適応指導教室の周知と相談体制整備を/内子町議会

2018年06月19日(火)

 

関根のぶゆき町議

 

日本共産党の関根のぶゆき町議は8日、内子町議会で一般質問し、消防署・消防団など地域防災力の強化や、適応指導教室の周知と相談体制整備、住宅リフォーム助成制度導入を求め、女性活躍社会推進について稲本隆寿町長の考えをただしました。


関根町議は、大洲地区広域消防事務組合(管轄区域は大洲市と内子町)の職員が定数157人に対して105人(整備率66・9%)で、県平均72・7%、全国平均77・4%より低いと指摘し、職員の増員を要求。


難しくなっている消防団員確保の現状を質問。日中の防災活動の補完へ消防署職員OBと消防団OBからなる消防団補完組織の導入を提案。出初式など形式重視の演習を見直し、本当に防災に必要な訓練をし、装備を持つべきだとして、消防団のあり方について住民や団員家族から話を聞く場や、住民アンケートを実施するよう求めました。


町は「消防署職員については事務組合議会で議論すべきだが、増員すべきとの結論になればしっかりとした対応をする」「消防団補完組織は、将来的問題として検討する課題」と答えました。


関根町議は、不登校傾向の児童・生徒の〝居場所〟として開設し、集団生活への適応と学校生活復帰へ個々に応じた支援をしている適応指導教室(ふれあいルーム)の周知と相談体制の整備を要求。「適応指導」の名称は威圧的で相談しにくいとして、国に習って「教育支援センター」に変更するよう提案しました。


町は「学校や町ホームページを活用して周知に努める」と答え、名称については今後の研究課題にすると述べました。


関根町議は、住宅リフォーム助成制度と店舗リニューアル助成制度の導入を提案。町管理職と議員に女性が一人もいない現状と、女性活躍社会推進について稲本町長の考えをただしました。

    ページの先頭へ

    日本共産党 白川さんが新居浜と西予市でつどい/参加者とざっくばらんに意見交換

    2018年06月19日(火)

     

    参加者とざっくばらんに意見を交わす白川さん(5月28日、新居浜市)

     

    日本共産党の白川容子四国ブロック国政対策委員長は5月28日、新居浜市の新居浜民主センターで、党新居浜市委員会の主催するつどいに参加し、いまの国会の様子や党の魅力について、参加者とざっくばらんに意見を交わしました。


    白川さんは、森友・加計疑惑をはじめ、自衛隊の日報隠ぺいなど様々な問題が噴出する中、各地のつどいで、「安倍首相はなぜ辞めないのか」と怒りの声が寄せられると紹介。「一人ひとりが声を上げ続けることが大事です。一緒に安倍政権を退陣に追い込もう」と呼びかけました。


    「安倍首相は、ここまで追い詰められているけれど、憲法を変えることをあきらめていない」と強調し、「3000万人署名を集めて安倍首相に突きつけよう」と訴えました。


    井谷幸恵党市議も同席しました。

     


    夜には同民主センターで、「白川ようこさんとおしゃべりcafe」と題した若者のつどいが開かれ、青年党員や民青同盟員らが参加(上写真)。この日に入党した18歳の女性は「ずっと社会的なことに興味を持っていました。きょうは学校で教えてくれないことを知れてよかったです。こういう場に参加できてうれしい」と話しました。


    白川さんは5月27日には、西予市の乙亥会館で行われたつどい(党同市委員会主催)に参加し、約30人の党員や支持者らと意見を交わしました。

      ページの先頭へ

      安倍政権は即時退陣せよ!/日本共産党四国一斉宣伝デー、各地で街宣

      2018年05月29日(火)

       

      「加計疑惑などの真相究明と責任追及で内閣総辞職に追い込もう」と訴える植木中予地区委員長(18日、松山市)

       

      日本共産党四国一斉宣伝デー(毎月第3金曜日)の18日、同党中予地区委員会は、松山市千舟町の商店街で街頭宣伝し、安倍政権の即時退陣を求めるとともに、安倍9条改憲阻止全国3000万人署名に取り組みました。


      植木正勝地区委員長は、加計学園獣医学部問題をはじめとする一連の疑惑について、「関係者の証人喚問を行い、真相の徹底究明と責任追及を通じて内閣総辞職に追い込もう」と強調。9条改憲に突き進む安倍政権を批判し、「改憲の発議を許さない一点で力を合わせよう」と呼びかけました。


      林紀子県委員長は、この間の朝鮮半島情勢について、「非核化、平和をめざす流れが生まれている」と指摘。「対話を否定し、圧力一辺倒の安倍政権に世界の平和は守れません。いまこそ憲法9条の出番です」と述べ、署名への協力を呼びかけました。


      署名した女性(60)は「ニュースでいろいろ見ていますけれど、安倍政権にはうんざりしています」と話しました。


      この日、東予地区委員会と新居浜市委員会は、2台の宣伝カーで市内を回り、岡崎ひろし、井谷幸恵両新居浜市議らが各所で宣伝しました。


      八幡浜市委員会は、同市の江戸岡交差点で街頭宣伝し、遠藤綾八幡浜市議ら3人がリレートークしました。

       

        ページの先頭へ

        「安倍政権やめさせよう」の審判松山から/1増で交渉会派実現し、くらし守ろう/日本共産党 小崎、杉村、いのもり3氏/松山市議選4月22日告示

        2018年04月19日(木)

         

        交渉会派実現めざし連日奮闘する(左から)小崎愛子、杉村ちえ、いのもり春枝の3氏

         

        22日告示の松山市議選(定数43)に、日本共産党は小崎愛子(60)、杉村ちえ(41)、いのもり春枝(68)の3氏が立候補を予定しています。党支部や後援会は、1議席増をめざし、「森友・加計疑惑の改ざんや隠ぺいなど民主主義を壊す安倍政権を退陣に追い詰めよう。日本共産党の3人を市政に送り出し審判を下そう、くらしと憲法を守ろう」と訴えています。林紀子県委員長は14日の決起集会で、「現状で推移すれば重大な失敗を招きかねない。全党、後援会がやるべきことをやり抜いて、勝利の扉をこじ開ける確固とした決意に立って奮闘しよう」と訴えました。

         

        市議選をめぐる情勢は大激変しています。市民からも安倍政権への怒りと厳しい批判の声が広がっています。


        野志克仁市政は、安倍政権と、中村県政言いなりで、中学校卒業までの子どもの医療費完全無料化などに背を向け、国保料や介護保険料を値上げするなど市民に重い負担を押しつけています。


        一方で、大渇水時には面河ダムの工業用水の水道水への転用が可能であるにもかかわらず、420億円の黒瀬ダム分水など無駄な大型公共事業に固執。学校給食や保育園、下水道や上水道、ごみ処理などを民間委託しています。


        市教育委員会の教科者採択制度を、現場教師の意見を反映させる教科書採択委員会を廃止し、5人の教育委員だけで採択する非民主的な制度に改悪。中学校歴史教科書に侵略戦争美化の育鵬社版、小学校道徳教科書に国家主義的な教育出版社版を採択しました。
        この市政を、自民、松山維新、公明などが中心となって後押し。自民、維新は、憲法「改正」の早期実現を求める意見書採択を強行しました。


        安倍強権政治を正面から告発し、松山から民主主義を取り戻し、くらしと憲法を守ることを呼びかけているのが日本共産党の3氏です。


        党市議団は、▽中学校卒業までの入院医療費無料化▽就学準備金の年度内支給▽全中学校にエアコンを設置(小学校は2018年度中に設置)▽住宅リフォーム助成制度の創設――などを実現。


        市にはため込み金(財政調整基金)が168億円(2017年度末)もあります。


        3氏は、「この一部を使えばくらし・福祉を守る施策ができます」と提案。▽子どもの医療費を中学校卒業まで完全無料化▽小中学校の給食費補助▽国保料1世帯年1万円の引き下げ▽介護保険料の軽減▽商店リフォーム助成制度の創設▽黒瀬分水の中止――などを公約して奮闘しています。

         

        日本共産党県業者後援会

        「県都での選挙、負けられん!」とプラスターを掲げて8カ所で宣伝した党県業者後援会(7日)

         

        日本共産党県業者後援会は7日、「3人全員当選を必ず」と、中央委員会大型宣伝デッキカーで松山支援大宣伝行動を実施。宇摩、新居浜、西条、今治、中予、宇和島の6地域の業者後援会から14人が参加しました。


        強風の中でしたが、新しく作ったのぼり旗「もっと住みやすい松山市へ 国保料、介護保険料を引き下げよう」「地元業者の仕事を増やし、地域経済の発展を!『住宅リフォーム助成制度』を拡充しよう」や、プラスターを掲げて8カ所で宣伝。


        川原光明副会長は「安倍自公政権を追い詰め、追い落とすためにも重要な県都での選挙だ。『安倍には負けられん!』という気持ちでがんばりたい」と元気いっぱい。


        田部浩三事務局長は「中小業者の要求を議会へ届け、支援策を実現してくれるのは共産党議員しかいない。県都で3議席を取るために、やるべきことをやりたい」と話しました。


        川原氏と田部氏、永見博中予業者後援会長らが中央デッキカーで街頭演説し、「市議選は、〝私たちの営業やくらしを守るのか、それを破壊し戦争への道へ突き進むのか〟の大きな分かれ目となる選挙です。市民一人ひとりのくらしと、零細業者の営業を守るためにがんばる日本共産党を3議席に伸ばしてもらいたい」と力を込めました。


        市駅前では「今度こそ共産党に増えてもらいたい。応援しています」と激励する市民もいました。

         

        日本共産党西南後援

        党西南後援会とともに、「みなさんの声を市政に届けます」と訴える、いのもり春枝予定候補(8日)

         

        日本共産党西南後援会は8日、「いのもり春枝押し上げ」いっせい大宣伝に取り組み、千舟町の商店街で、いのもり予定候補も参加して街頭宣伝。


        谷田慶子党素鵞後援会事務局長は「いのもりさんは、市民のみなさんの願いを市議会に届け、命とくらしを守るために働きます。安倍改憲をやめさせるためにも、市議選で勝利させてください。市民の主人公はみなさんです!」と訴えました。


        手を振って声援を送ったり、「がんばって!」と駆け寄って握手する女性など、大きな期待が示されました。


        宣伝に参加した中野俊彦さんは「安倍内閣の改ざん、隠ぺいに怒りが爆発しそうです。ビラ折りや自宅を後援会事務所に提供したりしてできる限りの活動をしてきました。自宅で開いた集いには、居間いっぱいの20人が参加してくれました。短期決戦です。体に鞭打ち、政治への怒りを共産党の3人の市議実現で晴らしたい」と決意を語りました。


        西南後援会の永見博会長は「いま一番求められているのは、対話を急速に増やし、支持を広げ切ることです。党外の支持者が支持を広げてくれ始めました。支持の輪を広げに広げましょう。4年前の悔しい思いを絶対に繰り返してはなりません。全力でがんばりましょう」と呼びかけています。

         

        日本共産党西北後援会

        党西北後援会とともに、「市民の声で動く市議会に」と訴える杉村ちえ市議(8日)

         

        日本共産党西北後援会は8日、「杉村ちえ市議の地元・和気校区で杉村旋風を巻き起こそう」と、党中央委員会の大型宣伝デッキカーやハンドマイクでの宣伝、支持拡大に全力を上げました。


        他地域からの支援も受け、四つの組が「中学校卒業までの医療費完全無料化を求める署名」と、安倍改憲NO3000万署名を持って和気校区に入りました。


        医療費完全無料化署名に署名した女性は「息子の孫は1年近く経っても保育所に入れません。このままでは息子夫婦は働けなくなる。市議会でぜひ取り上げてほしい」と切々と語りました。


        杉村市議が「みなさんの声が通る市議会にしましょう。野党共闘をさらに前進させ、市議会を変えるために、その要である日本共産党を2議席から3議席に増やしてください。いっそう大きなご支援を」と呼びかけると、ウォーキング中の男性がVサインを掲げるなどの反響がありました。


        党和気支部の杉村栄治支部長は「新人が多数出馬する激戦になっています。杉村候補の2期8年の実績を訴え抜くことが大事です。いま急がなければならないのは、有権者との対話・支持拡大を圧倒的に飛躍させることです。支持者が自主的に事務所に来て応援してくださるなど、支持が広がっています。これをさらに広げに広げることです」と強調していました。

         

        日本共産党北条支部

        党北条支部とともに、「悪政の防波堤となってがんばります」と力を込める小崎愛子市議(8日)

         

        日本共産党北条支部(片山敬三支部長)は8日、小崎愛子市議とともに北条地域で宣伝行動に取り組み、他支部の支援も受けて16人が参加。宣伝カーで街頭演説するとともに、地域でハンドマイク宣伝をしながらビラの全戸配布をしました。


        小崎市議は、住宅地やスーパー前など4カ所で街頭演説。「軍事費を増やして医療や福祉を削減する安倍政権の悪政の防波堤となってがんばります」と力を込めて訴えると、家から出てきて演説を聞いたり、手を振って激励する市民が相次ぎました。


        北条支部の橋本あい子さんは「小崎さんは、北条出身の地元の議員なので必ず当選させたい。共産党が3人に増えたら、質問時間も増えます。新人もたくさん出ているので、油断せずに取り組みたい。急いで知り合いや読者に支持を広げます」ときっぱり。


        大西正人副支部長は「支部の支持拡大目標は1000なので、何としてもやりきり、小崎さんの3選を勝ち取りたいです。小崎さんは、8年間で450件もの生活相談に取り組み、市民の要求を実現し、市民目線で努力しています。憲法改定意見書を採択するようないまの市議会ではダメで、共産党の議員を3人に増やして、『憲法改悪やめろ』の声をもっともっと大きくしていきたい」と決意を語っていました。

          ページの先頭へ

          安倍政治と真っ向対決!/小崎、杉村、いのもり3氏必勝を/仁比聡平参院議員招き日本共産党が演説会/松山市

          2018年04月13日(金)

           

          声援に応える(左から)小崎愛子、杉村ちえ、いのもり春枝の3氏と仁比参院議員(6日、松山市)

           

          「松山市議選で、改ざん、隠ぺい、ねつ造の安倍政治と真っ向から対決する日本共産党の3議席を必ず!」――。22日告示(29日投票)の松山市議選(定数43)で、小崎愛子=現=、杉村ちえ=現=、いのもり春枝=新=の3氏を必ず押し上げ、交渉会派を回復しようと日本共産党は6日、仁比聡平参院議員を迎えて演説会を開き、約450人が参加。仁比氏は「松山で、燃えに燃えて日本共産党の3議席を必ず実現しよう」と呼びかけました。

           

          訴える仁比聡平参院議員

           

          会場は、「松山から安倍政権に総辞職のレッドカードを」の横断幕が掲げられ、「がんばれ!」の声援が上がりました。


          仁比氏は「怒涛の国会から駆けつけた」と述べ、「佐川宣寿前理財局長の証人喚問では、佐川氏はまともな根拠を示さずに、総理や夫人の指示や影響はなかったと断言し続けた。その一方で、改ざん前の文書と正反対の答弁を国会で続けておきながら、それについての質問には一切答えなかった。それどころか、『交渉や面談の記録は廃棄した』と答弁しておきながら、証人喚問では『保存期間が過ぎたら廃棄するという公文書の運用のルールを説明しただけ』と言い始めた」と指摘。


          「自民党は、証人喚問で幕引きをはかろうとしたが、疑惑はますます深まった。改ざんは、安倍総理夫妻がかかわったとの痕跡を消すためであった。一部の者、事務方だけでやったことにし、幕引きをはかろうとするのなら、これほど恥ずかしいことはない。公文書は国民共有の公共財産。改ざんは歴史的事実の改ざんであり、絶対に許されない。内閣総辞職を迫ろう」と呼びかけました。


          陸上自衛隊イラク派遣部隊の日報隠ぺい問題に話を進め、「派遣された地域が戦闘地域であるという『戦場の真実』を国民の目から隠すために日報の隠ぺいを重ねてきた」と批判。


          「イラク派遣やスーダン派遣で自衛隊がどういう状況に置かれていたか、きちんと検証する必要があるのになぜそれを示さなかったのか。憲法9条に違反して、アメリカと一緒に戦争をする瀬戸際のところにあったということを国民の目から隠さなければならなかったからだ」と指摘。


          「憲法と民主主義、国会を壊してきた安倍政権に憲法を語る資格はない。まして、9条を骨抜きにすることは絶対に許されない」と力説しました。


          国保について、「本来、お金のあるなしで命や健康が差別されてはならないということで発足した。いま加入者の構造が大きく変わり、非正規労働者や年金者、無職の方が大部分になった。しかし、国は国庫負担を2分の1から4分の1に減らし、減額分を加入者に押しつけた。その上に国は、国保料が払えない人からも無理矢理に徴収する制度を導入した」と指摘。


          「こんな酷い、無慈悲な政治があるか。生活が苦しい人たちを温かく支援するのが政治の責任ではないのか。声を上げよう、みんなで闘い、社会を変え、憲法にもとづいた政治を実現しよう。共産党はそのためにがんばり抜く」と訴えました。


          いのもり党市労働部長は「私は、国家公務員として4人の子どもを育てながら47年間働き続け、男女差別の解消、女性の地位向上、女性が安心して働き続けられるよう、育児・介護休暇、産前・産後休暇の延長などに取り組んできました。これまでの経験を活かして、女性が活躍できる社会、お年寄りや子どもたちが大切にされる松山市にしたいと思い立候補を決意しました。高すぎる国保料・介護保険料の引き下げ、シルバーパス、デマンド交通の導入にがんばります」と述べました。


          杉村市議は「一番訴えたいのは教育問題です。松山市は、教育の専門家や教師、保護者の意見を反映することなく5人の教育委員だけで小中学校の教科書を決定できる仕組みをつくりました。過去の戦争は正しかったとする歴史教育、子どもたちの心や価値観をコントロールする道徳教育で、戦争する国を支える人間を育てようとする安倍政権と、それを歓迎する松山市の勢力を許すことはできません。平和で自由な未来を子どもたちに手渡すために、私は絶対に負けるわけにはいきません」と訴えました。


          小崎市議は「2期8年間、命とくらしを守ることを原点に活動してきました。憲法9条と25条を活かす社会をつくることを信条としています。4年間の生活相談は250件になりました。医療、介護、福祉にかかわる相談が半分以上です。『負担は増える一方で、給付は削減され、貯金も底をつき、もう限界です』の声が上がっています。医療・介護の充実、雇用や就職対策、高齢者が住み続けることができる公共交通の充実などに尽くします」と力を込めました。

           

           

          横一線のただならぬ選挙!
          みんなで立ち上がり、政治変えよう

           

          安保法制をなくす愛媛の会の井上雄基事務局長(弁護士)と、伊方等の原発をなくす県民連の和田宰代表幹事が激励のメッセージを述べました。


          井上氏は「秘密保護法、安保法制、『共謀罪』と三たび繰り返されてきた手法、国会の多数を頼んでの強行突破という手法を、安倍改憲で許してはならない。私たちは、日本共産党と国会・地方議会内外で手を取り合って、憲法をめぐる戦後最大の危機に立ち向かっていく決意です」と表明。


          和田氏は「共同がとても大事です。その要にあるのが日本共産党と議員です。3人の議席を獲得して代表質問ができる会派を必ず実現させたい。


          今回の選挙、横一線のただならぬ選挙です。沖縄の選挙(名護市長選の期日前投票)に見られたように、選挙が早まっています。急ぎましょう」と呼びかけました。


          盛んに拍手を送って激励していた女性(71)は「仁比さんが言われた通り、いい加減な政治ではダメです。答弁を聞いていても腹が立つことばかり。戦争だけはしてはならないし、みんなが立ち上がって政治を変えるしかない。そのためにも松山市議選で、共産党の3人全員を当選させなければなりません。一生懸命に支持拡大をし、みんなに訴えています」と話していました。


          うなずきながら聞いていた女性(72)は「仁比さんの話は分かりやすかったです。安倍首相はよくあんなにうそばっかり言えるなと思います。本当に腹が立つ。内閣総辞職をすべきです。松山市議選では3人を必ず市議会におし上げたい。2人と3人とでは全然違います。3人で松山をよくしてほしい」と言います。


          共産党の演説会に初めて参加した女性(70)は「国会の生々しい話が聞け、腑に落ちました。共産党のイメージが変わりました」と話しました

            ページの先頭へ

            | 1/176PAGES | >>

            search this site.

            新着記事
            更新履歴
            携帯サイト
            qrcode

            Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
            POWERED BY JUGEM