<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

業者として生き抜くために安倍政権退場を/日本共産党県業者後援会が決起集会

2017年10月09日(月)

 

 

「総選挙で四国の日本共産党議席奪還を必ず」と5日、日本共産党県業者後援会は、砥部町の町文化会館で決起集会を開き、各地から40人が参加し、連帯と決意あふれる集会となりました。


小野裕二県業者後援会副会長は「戦争する国にするのか、国民を守ってきた平和憲法を守るのかが問われる選挙だ。何としても白川よう子さんを国会へ送るためにがんばろう」と開会あいさつ。


全国業者後援会の鎌田保代表世話人は、86歳になる自らの満蒙開拓団としての戦争体験から「絶対に戦争はしてはならない」と力説。「後からできた法律は、前の法律に勝る。9条に3項として自衛隊を書き込めば、2項の『陸海空軍その他の戦力は保持しない』が死文化する」と自民党改憲案を厳しく批判。


「仲間と集まり、語り合い、助け合って営業とくらしを守るのが民商。『業者として生き抜くために安倍暴走政治をやめさせよう』と一人でも多くの人に声をかけ、投票箱のふたが閉まるまで、日本共産党と書く人を増やそう」と呼びかけました。


川原光明県業者後援会長は、野党共闘でともに闘ってきたにもかかわらず、希望の党から出馬する候補者に「裏切られた」と怒りの声が広がる一方、日本共産党への期待の声が民進党支持者からも寄せられていることなどを紹介。「状況は大きく変わってきている。いまこそ日本共産党の力を大きくする以外にない」と力を込めました。


小路貴之党県常任委員は「希望や民進党の裏切りで、市民と野党の共闘に重大な困難が持ち込まれたが、2年間の共闘の運動の蓄積は小さくない。総選挙で共産党は、共闘路線を堅持し、さらに発展させるためにがんばる」と支援を訴えました。


田部浩三事務局長は、空前の規模の取り組みと総決起、全業者への総当たりに挑戦しようと行動提起。参加者は、「我々の要求を国会へ届けてもらう白川さんを国会に送るために一緒にがんばろう」と決意表明し、ガンバローを三唱しました。

    ページの先頭へ

    腹をくくって共産党を支援する/熱気と決意あふれた四国中央市演説会

    2017年10月09日(月)

     

    白川さんの訴えに、共感と激励の声がわき起こった演説会(4日、四国中央市)

     

    白川さんは4日、四国中央、西条(下写真)、松山の3市で演説。四国中央市福祉会館で開かれた日本共産党演説会(党市委員会・後援会主催)には、75人が参加。「そうじゃ」「がんばれ!」と共感と激励の声が何度もわき起こり、会場は熱気と決意に満ちていました。


    白川さんは「総選挙で安倍首相を退陣に追い込み、四国の党議席を奪還するためにがんばり抜きます」と熱く訴え、大きな拍手に包まれました。


    国田さんは「安倍首相は『子育てと教育に充てる』と言って国民の切実な要求を盾にして消費税10%増税をねじ込もうとしていますが、許されません」と訴えました。


    青木永六市委員長は、党2中総・全国決起集会について報告。ブレずに、最後まで野党共闘を前に進め、市民とともに闘う日本共産党の決意を訴え、支援を呼びかけました。


    戦争法廃止をめざす四国中央市民の会の島勝之代表は「白石洋一さんは、残念ながら市民と野党の共闘に背を向けてしまった。市民と野党の共闘は、共産党しかない。私も腹をくくって共産党の支援をしていきたい」と表明。


    参加者から「何回も党を替えて平気なのか。あんなので市民の声が聞けるのか。信念を持ってやっていたのではないのか」「介護や医療、教育の予算を削りに削る安倍政権は退陣させるしかない」と安倍自公政権や「希望の党」への怒りの声も相次ぎました。

     

      ページの先頭へ

      白川さんを必ず国会へ送り出そう!/「自公・補完勢力」対「市民と野党の共闘」/日本共産党 山下副委員長と白川比例予定候補が渾身の訴え/衆院選22日投票

      2017年10月09日(月)

       

      「四国で日本共産党の議席を必ず」と訴える山下副委員長と、(右から)石本1区予定候補、杉村松山市議、武井県議補選予定候補、(1人おいて)白川比例予定候補、小崎松山市議(4日、松山市)

       

      「衆院選の政治対決の構図は、『自公』対『希望』でもなければ、『自公』対『希望』対『リベラル・共産』でもない。『自公とその補完勢力』対『市民と野党の共闘』だ」――。10日公示の衆院選は、22日の投票日に向けて選挙戦がスタート。日本共産党は、白川よう子比例候補を先頭に、小選挙区に1区・石本憲一、2区・一色一正、3区・国田むつみ、4区・西井直人=いずれも新=の4氏が立候補。公示直前の4日には、山下芳生党副委員長・参院議員が松山市の市駅前で白川候補らとともに街頭演説し、「四国の日本共産党議席の奪還を必ず」と渾身の訴えをしました。

       

       

      松山市の市駅前には約250人の聴衆が集まり、「安倍政権にレッドカードを」の横断幕や「野党共闘でチェンジ!」などのプラスターを掲げました。立ち止まって演説に聞き入る通行人もいました。


      山下氏は「14年間なくしている四国の議席を今度こそ取り戻し、白川よう子さんを国会に送り出してください」と切り出しました。
      「この選挙、最大の争点は、安倍暴走政治をこのまま続けさせてよいのかどうかだ」と強調。


      安倍政権が5年間でやったこととして、①憲法を踏みにじり続けた②国民多数の声、民意を踏みつけにしてきた③国政を私物化してきた――ことを上げ、戦争法、「共謀罪」の強行、沖縄の辺野古新基地のごり押し、伊方原発の再稼働、森友・加計疑惑などを指摘。


      「憲法を壊し、民意を踏みつけ、国政を私物化するおごり高ぶった安倍政権に対し、都議選に続いて退場の審判を下し、政治を国民の手に取り戻そう」と呼びかけました。

       

      希望の党は自民の補完勢力

       

      「民進党が希望の党に合流したが、希望の党はどういう党か、野党と言うことができるのか」と問いかけ、小池百合子代表自身が自民党政権の元防衛大臣、自民党元総務会長であり、設立メンバーの顔触れだけで自民党の補完勢力であることは明らかだと指摘。
      民進党議員の選別基準は、①9条を含む憲法改定に反対しない②安保法制・戦争法を認める――であり、野党共闘の対象とはなりえないと強調。


      「市民と野党の共闘にこそ未来がある。本気でスクラムを組めば安倍政権を倒せる。昨年の参院選愛媛選挙区で、野党統一候補が自民党をあと一歩まで追い詰めた。日本共産党は共闘の信義を守り、前に進めるために誠実に努力する。この党を伸ばすことが共闘前進の確かな力だ」と訴えました。


      「がんばれば党が躍進できる大きなチャンスだ。『比例は日本共産党』の大波を四国に、全国に広げて、白川よう子さんを国会に送り出してください」と呼びかけると大きな拍手が送られました。

       

      消費税10%は絶対許さない

       

      白川氏は「四国のみなさんの願いを国政に届ける架け橋の役割としてがんばる。安倍首相は『消費税を10%に上げればその一部を教育や子育てに使っていいかを問う選挙だ』と言い始めた。私は言いたい。教育や子育て予算を切り捨ててきたのは一体だれか。私は香川県議会で、一人ひとりを大切にする教育を進めるために少人数学級実現を求めてきた。実現に一歩足を踏み出したが、自民党政権に戻ったとたん、ストップさせられた」と指摘。


      「父母の願いを人質に取った形で、消費税を10%に増税することは絶対に許されない。このことを総選挙で安倍首相に突きつけよう」と訴えました。

       

      ブレない政党日本共産党!

       

      石本氏は「安倍政権ほど憲法を踏みにじり、強権政治を進めてきた政権はない。愛媛でも、伊方原発の再稼働を多くの県民の意思を踏みにじって強行した。加計疑惑は、県民、今治市民に百数十億円もの負担が押しつけられるというものだ。一方で、安倍首相のお友だちだからと便宜・利益がはかられる、こういう不公正な政治が許されていいのか」と批判。


      「ブレない政党、95年間、反戦平和、国民主権を貫いてきた日本共産党、一番熱心に野党共闘を進める党にこぞって支持を集めてください」と訴えました。


      13日告示の県議補選で、日本共産党県委員会が自主的に支援する無所属新人の武井多佳子氏は「市民と野党が手をつなぐ新たな時代を迎えています。日本共産党の小崎愛子、杉村千栄市議と安保法制廃止で共闘してきました。伊方原発を止める、女性の県議を増やすためにがんばります」と訴えました。


      松山市の党椿支部長は「1000人の支持拡大を目標にがんばる。いままでやったことのない目標だがやり切り、白川さんを送り出したい。支持者の自主的な支援がどんどん広がっている。打って出れば支持は広がる」と言います。


      75歳の女性は「希望の党が自民党の補完勢力ということがよく分かり、本当の対決軸が、自公とその補完勢力対市民と野党の共闘ということがすとんと胸に落ちた。自民党の消費税増税のごまかし、卑劣さを許してはならない」と話しました。

        ページの先頭へ

        比例四国の議席必ず奪還を/日本共産党県労働者後援会が決起集会

        2017年10月09日(月)

         

         

        日本共産党県労働者後援会は9月30日、松山市の自治労連会館で総選挙勝利決起集会を開き、「比例四国で日本共産党の議席を必ず奪還するために全力で戦おう」との決意を固め合いました。


        今井正夫会長は「四国で議席を取ることができるかどうかは、労働者の要求実現にとっても決定的だ。必ず議席を勝ち取ろう。そのために愛媛県で比例代表の得票9万を実現するために労働者後援会が全力を上げよう。8日午後からの労働者後援会の大型宣伝カーによる松山市内街頭宣伝、小池晃書記局長を迎えての14日午後1時半からの同市駅前街頭演説を節に、支持拡大を飛躍させよう」と行動提起しました。


        林紀子県委員長は「希望の党は、安倍政権の補完勢力、第二自民党だ。野党と市民の共闘が、安倍政権を替える大きなうねりとなっていくことに恐怖をいだいた勢力が乗り出してきたのがいまの情勢だ。それに真剣に立ち向かい、どんな逆流や妨害があっても市民と野党の共闘を前進させようとのうねりがつくられつつあることに確信を持とう」と訴えました。


        討論では、「比例で日本共産党と書いてもらう支持者を、全県で2500人に広げる」(建交労後援会)、「400人を目標に支持を訴える。これまでを大きく超える支持拡大をしないと四国の比例議席は取れない」(NTT労働者後援会)などの決意表明がありました。

          ページの先頭へ

          日本共産党の躍進で安倍暴走政治退場を/小選挙区予定候補、支部・後援会が全力で訴え/衆院選10日公示

          2017年10月09日(月)

           

          「安倍政権を退場に追い込み、国民の手に政治を取り戻す歴史的チャンス。戦争法廃止、立憲主義回復の〝市民と野党の共闘の旗〟をしっかりと掲げる日本共産党の躍進を」――。日本共産党は、総選挙(10日公示、22日投票)必勝へ、白川ようこ衆院比例予定候補と小選挙区予定候補、党支部・後援会が各地で街頭宣伝、対話・支持拡大で、安倍首相が国政を私物化し、憲法を壊したあげく森友・加計疑惑隠しをねらった衆院冒頭解散(9月28日)を厳しく批判。県民から次々に激励や共感の声がかつてなく寄せられています。

           

          大洲市

           

          「安倍政権を退場に追い込もう」と全力で訴える西井直人衆院4区予定候補と梅木市議ら(9月29日、大洲市)

           

          西井直人4区予定候補は9月29日、大洲市で梅木かづこ市議らとともに6カ所で街頭宣伝。「国政私物化、傲慢な国会運営、憲法9条に自衛隊を書き込んで日本を戦争できる国にしようとする安倍政権に対して国民の強い怒りがわき起こり、解散に追い込まれた」と力説。


          民進党解党と「希望の党」合流について、平和憲法の改正を宣言し、安保法制・戦争法を容認していることなどを上げ、「これでは自民党と同じであり、自民党に取って代わる旗印はない。こうした政党に未来を託すわけにはいかない」と批判。


          「日本共産党は、他の野党と市民とともに力を合わせ、立憲主義を守り、安保法制反対の旗を掲げ、野党共闘を大きく前進させて総選挙で躍進・勝利し、国民の期待に応える新しい政治を築いていくために力を尽くす」と支援を呼びかけました。


          市民会館前で演説を最後まで聞いていた81歳の女性は「『冒頭解散は、安倍首相の疑惑隠しだ』とみんな言っています。『いいことはいい、悪いことは悪い』と、いつも筋を通している共産党にがんばってもらいたいです」と西井氏と握手しました。


          JR大洲駅近くで家から出てきた71歳の男性は「もう自民・公明には政治を任せられない。いまの政治は、『国栄えて民滅ぶ』という状況だ。滅ぶ前に国民が革命を起こさなければならない」と激励しました。


          JA産直市「愛たい菜」前では、バイクを止めて80歳の女性が大声で何度も「共産党がんばれー!」と熱烈に激励。「戦争中も戦後も〝赤〟と攻撃されても負けなかった。いまは政党助成金をもらっていない共産党は、本当に立派だ」と話しました。


          長浜町の本町商店街では市民が自転車を止め、「がんばれよ」と応援。団地前では新入党員らも駆けつけ、総選挙勝利へ決意を固め合いました。


          宣伝行動に参加した党長浜支部の男性(73)は「安倍政治には、みんな困っている。総選挙では、どうしても安倍首相を政権から引きずり下ろさなければならない。こまめに歩いて、電話もかけて、いままでにない票を出して白川さんを国会に送りたい」と決意を語っていました。

           

          松山市

           

          「比例四国の党議席の奪還必ず」と訴える石本憲一衆院1区予定候補と林県委員長(左)ら(9月28日、松山市)

           

          石本憲一1区予定候補は9月28日、解散直後に林紀子県委員長、田中克彦県議らとともに松山市一番町で街頭宣伝し、安倍首相の疑惑隠し解散、憲法破壊、国政私物化などの強権政治を厳しく批判。清潔でブレない、野党共闘に一番熱心な日本共産党の四国比例議席の奪還、小選挙区での躍進を訴えました。


          林県委員長は「野党や国民の厳しい批判によって追い詰められた解散だ。憲法9条を守れ、安保法制・戦争法廃止、加計疑惑の徹底解明を訴え、安倍政権を終わらせるために全力をつくす」と表明しました。


          69歳の男性は「解散の大義がない。勝てるタイミングをねらった、加計・森友疑惑を隠すための解散でしかない。小池新党(希望の党)も好きではない。集まっている国会議員を見るとどうも…」と言います。


          自転車の女性(60)は「もうこれ以上安倍政権、自民党政治を続けさせたくないと思っています」と話しました。

           

          一色一正2区予定候補

           

          国田むつみ3区予定候補

           

           

           

            ページの先頭へ

            | 1/166PAGES | >>

            search this site.

            新着記事
            更新履歴
            携帯サイト
            qrcode

            Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
            POWERED BY JUGEM