<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

野党と市民の共闘で安倍政権打倒を/日本共産党が新居浜市で訴え/党四国一斉宣伝

2018年07月19日(木)

 

「参院選、統一地方選で新居浜市から日本共産党の躍進を!」と党四国一斉宣伝日の13日、党新居浜市委員会は、同市の裁判所前交差点で宣伝行動に取り組み、14人が参加。「安倍9条改憲ノーの声を広げ、野党と市民の共闘で、安倍政権を倒そう」と訴えました。


伊藤学党東予地区副委員長、来春の新居浜市議選に立候補を予定するする井谷ゆきえ市議、かたひらえみの2氏と岡崎ひろし市議ら6氏がリレートーク。


伊藤氏は「安倍政権は、国民の声を聞かずに暴走政治を続け、豪雨で国民の命が脅かされている時に、安倍首相と自民党は酒盛りをしていた。即刻退陣してもらおう」と呼びかけました。


かたひら氏は、豪雨災害被災地の一日も早い復興へ力を尽くす決意を表明。道路や鉄道の復旧へ先頭に立って働かなければならない石井啓一国土交通大臣が、カジノ実施法案の審議をしていることを厳しく批判。「『カジノより災害復興を』の声を広げていきましょう」と訴えました。


井谷市議は、市議会で、消費税10%増税中止の請願が不採択となるなど市民の願いが踏みにじられていると指摘。四つの委員会すべてが北海道視察に行ったと批判し、「市民の税金は、市民の幸せに使うべきです」と述べ、市議選で党2議席確保に全力を上げる決意を表明しました。


岡崎市議は「安倍首相は、憲法を改悪し、いつでも、どこでも海外に出て行って戦争ができる国づくりを狙っている。9条改憲にストップをかけ、平和で安全・安心な社会を子どもたちに手渡していくために野党と市民が力を合わせていこう」と力を込めました。

 

    ページの先頭へ


    search this site.

    新着記事
    更新履歴
    携帯サイト
    qrcode

    Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
    POWERED BY JUGEM