<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

豪雨災害被災地に義援金450万円/日本共産党県委が4市2町に届ける

2018年07月28日(土)

 

日本共産党県委員会豪雨災害対策本部の林紀子本部長(県委員長)と石本憲一書記長らは7月27日、西日本豪雨災害の義援金の1次分を宇和島市、西予市、大洲市、今治市、鬼北町、松野町の4市2町に、合わせて450万円を届けました。宇和島市は坂尾真市議、大洲市は梅木かづこ市議、今治市は松田澄子市議、西予市は和気数男党市委員会副委員長が同席しました。


宇和島市では、岡原文彰市長が応対。断水解消に向けて代替浄水施設の設置工事が始まり、「復旧に1年はかかると言われていたが、光が見えてきました」と話しました。


西予市では、管家一夫市長が、ダムの運用について検証する必要性などを指摘。義援金について、「復興に向けて進むためのエネルギーになります」と感謝の意を表しました。


大洲市では、松田真副市長が、鬼北町では兵頭誠亀町長、松野町では坂本浩町長、今治市では秘書室長らが応対しました。

    ページの先頭へ


    search this site.

    新着記事
    更新履歴
    携帯サイト
    qrcode

    Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
    POWERED BY JUGEM