<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

くらし、福祉第一の松山市政を/植木正勝氏が事務所開き

2018年10月31日(水)

 

「くらし、福祉第一の市政をめざしてがんばり抜く」と決意表明する植木氏(20日、松山市)

 

松山市長選(11月11日告示、18日投票)に無所属で立候補(日本共産党推薦)を表明している植木正勝氏(66)=新、日本共産党中予地区委員長=は20日、松山市立花で事務所開きを行い、30人が参加しました。


植木氏は、オール沖縄の玉城デニー氏の知事選圧勝を紹介し、「沖縄のように戦えば民意反映の政治は実現する」と力説。


「松山市長選も、市民の切実な願いや要求、民意を汲み取るのかどうかが問われている。憲法改悪や消費税%増税、ウソ・隠蔽・差別の本当にひどい国の悪政から市民を守る立場に立つのかどうか。野志市政は国言いなりだ。くらし、福祉第一の市政をめざしてがんばる」と表明しました。


日本共産党の小崎愛子市議があいさつ。同党の田中克彦県議は「高校卒業までの医療費無料化など市民の声が活きる市政を」と呼びかけました。


地元の党素鵞後援会の谷田慶子事務局長、中予民商の永見博会長、3人の子どもの父親の堀川孝行さん、党中予地区委員の青木一子さんが激励の言葉を述べました。


子ども未来の田渕紀子松山市議と和田つかさ知事候補から連帯のメッセージが寄せられました。事務所は、松山市立花2―7―8 ☎089(934)7273。

    ページの先頭へ


    search this site.

    新着記事
    更新履歴
    携帯サイト
    qrcode

    Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
    POWERED BY JUGEM