<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

市民目線でがんばる議席必ず/井谷ゆきえ事務所開きで決意と激励次々/新居浜市

2018年11月30日(金)

 

「誰もが安心して暮らせる市にするためにがんばります」と決意表明する井谷ゆきえ市議(11月25日、新居浜市)

 

日本共産党の井谷ゆきえ新居浜市議(市議予定候補)の事務所開きが11月25日、新居浜市大生院の事務所で行われ、40人が参加。「市民目線でがんばる井谷市議の2期目へ全力でがんばろう」と決意と激励が次々に語られました。


井谷市議は「あっという間の3年7カ月で、市民の立場に立って活動してきました。介護保険料や国保料値上げ、文化・体育施設使用料値上げ、市営住宅の指定管理者制度への移行など、市民の利益に反するものにはきっぱりと反対してきました。消費税10%増税中止の請願も、共産党の2人だけの賛成でした。市民の願いを届けるためには、どうしても共産党の議員が必要です」と力説。


子どもの給食費の無料化など子育て・教育、医療・福祉、防災減災対策、街の経済を元気にする公約を紹介し、「市民のみなさんの願いを一つ一つ実現していきたい。誰もが安心して暮らせる市にするためにがんばります」と決意表明し、激励の拍手に包まれました。


党後援会を代表して伊藤純子さんは「井谷さんは、『真面目に元気に根気よく、笑顔、行動力』をモットーに、街頭で訴え、市民を訪問し、市民生活の中から問題や課題を見つけ、市民目線でがんばっています。力を結集して全力で闘い、2期目を必ず」と訴えました。


地元の人や友人ら10氏が「市民にとって絶対なくてはならない議席です。私も一生懸命がんばります」「気のいい、やさしい、人柄のいい井谷さんですが、議会では給食や教科書、福祉の問題を取り上げ、議員活動は眼を見張るものがある」と次々に激励し、期待を語り、ギター伴奏で歌って決意を固め合いました。


統一地方選・新居浜市議選は、来年4月21日投票予定。日本共産党は、井谷市議と、かたひらえみ党新居浜市女性・青年相談室長=新=の2氏が立候補を予定し、現有2議席確保へ全力を上げます。


井谷事務所は、新居浜市大生院258の7。

    ページの先頭へ


    search this site.

    新着記事
    更新履歴
    携帯サイト
    qrcode

    Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
    POWERED BY JUGEM