<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

消費税増税中止の声を選挙にぶつけよう/四国の日本共産党業者後援会が新春決起集会/四国中央市

2019年02月01日(金)

 

特別報告し、「消費税増税を何としても中止させよう」と呼びかける白川さん(1月13日、四国中央市)

 

「共産党の躍進で安倍政治サヨナラの年に!」と1月13日、日本共産党業者後援会四国ブロック連絡会は四国中央市の「霧の森交湯〜館」で、業者後援会四国ブロック新春決起集会を開催し、104人が参加しました。


党高知県業者後援会の山崎龍太郎副会長が主催者あいさつ。「ことしは統一地方選、参院選の年です。消費税増税ノー、複数税率導入に伴うインボイス方式の導入を絶対阻止しなければならない。その声を選挙にぶつけよう」と力説しました。


白川容子四国ブロック国政対策委員長が特別報告。「しんぶん赤旗」日曜版に登場した藤井聡元内閣官房参与が「消費税増税は確実に消費を冷え込ませる」と増税中止を求めていることを紹介。


財界人や自民党を支持している経済団体なども、ことし10月の消費税増税や複数税率導入に反対の声を上げていることを報告。「国民のくらし、業者の営業を根こそぎ破壊する消費税増税を何としても中止させよう」と呼びかけました。


参加した男性は「ことしを増税、改憲を許さない年にするためにも、選挙をがんばりたい」と話していました。

    ページの先頭へ


    search this site.

    新着記事
    更新履歴
    携帯サイト
    qrcode

    Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
    POWERED BY JUGEM