<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

参院選と県議選勝利で安倍内閣退陣を/日本共産党の田中かつひこ県議が訴え/手を振りクラクションを鳴らし激励相次ぐ

2019年02月21日(木)

 

「参院選で野党統一候補勝利と日本共産党の躍進、県議選勝利で安倍内閣を退陣させよう」と訴える田中県議候補(8日、松山市)

 

日本共産党の田中かつひこ県議予定候補=現=(松山市・上浮穴郡区、定数16)は8日、同党の四国一斉宣伝に呼応して松山市内で街頭宣伝に取り組み、「参院選で野党統一候補勝利と日本共産党の躍進、県議選勝利で安倍内閣を退陣させよう」と訴えました。手を振ったり、クラクションを鳴らすなど激励が相次ぎました。

 

田中県議は、植木正勝党中予地区委員長らとともに、六カ所で街頭宣伝。伊予鉄立花駅前では、「10%消費税増税中止」「ストップ加計学園への財政支援」などと大書した横断幕を掲げて訴えました。


田中県議は「ことしは、二つの全国的な選挙が戦われます。7月の参院選の愛媛選挙区では、市民と野党の共闘を大きく後押しし、自民党・公明党を少数派に追い込みましょう。比例代表では日本共産党と書いていただける方を大きく広げてください。県議選は、3月29日に告示されます。どうか私を引き続いて県議会で働かせてください」と呼びかけました。


毎月勤労統計の不正問題を取り上げ、安倍内閣が消費税の10%増税の根拠としてきた給料の上昇や景気回復のデータが統計上ウソだったことが明白になったと指摘。


「毎月勤労統計をはじめ国の政策を決定する土台がウソにまみれていたのです。ウソと偽りにまみれ、民主主義を掘り崩す安倍政治は一刻も早く退場させようではありませんか」と訴えました。


最低保障年金制度の創設や中学校卒業までの医療費の完全無料化など、社会保障や子育て支援拡充に力を尽くすと力説。「鳥取県では、県をはじめすべての自治体で高校卒業まで通院を含めて医療費は無料化。四国でも徳島県では、県の条例によって中学校卒業まで医療費は無料です。その気になれば子育て支援の拡充は可能です。急いで中学校卒業まで通院を含めて医療費の無料化を実現させましょう。さらに高校卒業まで拡大させましょう」と呼びかけました。


手を振って田中県議を激励した男性(78)は「この道で田中さんの宣伝カーによく出会います。本当に分かりやすい演説で、胸に落ちます。私は伊方原発を止める運動もしているのですが、いつも演説で取り上げてくれます。原発ゼロ実現のためにも、参院選でも県議選でも共産党に躍進してもらいたい。田中さんに期待します」と話していました。

    ページの先頭へ


    search this site.

    新着記事
    更新履歴
    携帯サイト
    qrcode

    Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
    POWERED BY JUGEM