<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

井谷市議を再び市議会へ/日本共産党 中萩、角野、船木支部が統一行動

2019年02月21日(木)

 

統一行動に出発する井谷候補と、日本共産党中萩、角野、船木支部(10日、新居浜市)

 

「井谷ゆきえ候市議を再び市議会に送り出し、参院選で日本共産党の躍進を!」と新居浜市の日本共産党中萩、角野、船木支部は10日、統一行動を実施。訪問・対話、支持拡大やビラ配布、ポスター張りに取り組みました。


この日は、中萩、角野、船木の3支部から12人が参加。3月1日までの「統一地方選必勝作戦」の目標達成をめざし、2人1組で行動しました。


井谷市議は、中萩支部の橋本秀一さんと行動。「国保料引き下げなど福祉や教育、子育ての充実のためにがんばります。市政への要望や、困っていることはないですか」と、一軒一軒訪問し、対話。消費税10%中止を求める署名を訴えました。


一人暮らしの女性は「足が悪いので、買い物はデマンドタクシーを利用し、本当に助かっています。消費税は、上げられると困ります」と話しながら署名しました。


小学生の孫と一緒に暮らしていると話す女性は「4月から給食費が上がるのですね。児童クラブの費用も高くなりました。少子化なのに、こんなことでは将来、子どもがおらんようになってしまう。福祉や教育に税金は使ってほしい」と訴えました。


夫と2人で年金生活だと言う女性は「じつは共産党に選挙で入れさせてもらっています。年金も下がって少ないし、安倍首相に少しでも一矢を報いたいと思って…。がんばってください」と激励。


激戦を反映して、「いろんな議員から後援会ニュースが届いている」と話す人もいました。


行動を終えた橋本さんは「日常的な後援会活動をやる必要性を感じました。まだまだ十分に足を踏み出せておらず、取り組みが弱い。いろんなつながりを活用して、支持を広げていかなければなりません」ときっぱり。


中萩支部の福田光生支部長は「全国の『850万票、15%以上』に照らして、前回より引き上げ、支部の得票目標は1800、支持拡大目標は3600です。井谷さん当選だけでなく、参院選での党躍進をめざした目標で、とくに井谷さんの地元の大生院は全戸に当たり切る作戦です。目標達成に向けてがんばりたい」と決意を語っていました。

    ページの先頭へ


    search this site.

    新着記事
    更新履歴
    携帯サイト
    qrcode

    Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
    POWERED BY JUGEM