<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

高齢者の医療・福祉守れの声上げよう/日本共産党・田中県議が事務所開き/松山市

2019年02月28日(木)

 

 

日本共産党の田中かつひこ県議の事務所開きが2月23日、松山市の党事務所で行われ、30人が参加しました。


田中県議は「『国保料、介護保険料が高い』『年金は下がる一方だ』『いまある蓄えで何歳まで生きられるか』など、高齢者の深刻な声が寄せられています。『高齢者の医療、福祉、県民の命を守れ』の声を上げていきましょう。高齢者に冷たい県政か、温かい県政にするかは、県議選、参院選の結果で大きく違ってきます。日本共産党の躍進、市民と野党の共闘勝利で安倍政治を退場させることが決定的です」と強調しました。


小路貴之党県選対部長は「県議選松山市・上浮穴郡区は、定数16に20人の立候補が予想され、泡沫候補は一人もいません。県議選の結果は、安倍政権を打ち倒す闘い、参院選での野党共闘の前進にとっても重要です。日本共産党の大躍進、市民と野党の共闘勝利で、新しい日本の政治を切り開きましょう」と呼びかけました。


「支部の得票目標は1000。現在は対話600、支持拡大400です。小集会も行いました。宣伝にも取り組み、早期に目標を達成したい」(北条支部)など、支部・後援会の報告や決意表明がありました。


事務所は、松山市和気町1の673の5城北タクシーテナント2F。

    ページの先頭へ


    search this site.

    新着記事
    更新履歴
    携帯サイト
    qrcode

    Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
    POWERED BY JUGEM