<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

原発ゼロ基本条例制定し、ふるさと守ろう/遠藤もと子候補が八幡浜市で力説

2019年04月05日(金)

 

「安倍政権を終わりにさせるために、みんなで力を合わせましょう」と力を込める遠藤候補(3月29日、八幡浜市)

 

遠藤もと子候補は3月29日、八幡浜市の選挙事務所前で、「安倍自公政権のあまりにもひどい悪政を見て、いま国民が黙っていてはいけない、地方から『政治を変えよう』と声を上げるべき時だと思い、立候補を決意しました。森友・加計疑惑の嘘と隠ぺい、改ざんなど底なしの安倍政権を終わりにさせるために、みんなで力を合わせましょう」と50人を前に元気に第一声を上げました。


「現職の2人は、知事の提案には全部賛成で、『消費税増税に反対して』『伊方原発再稼働をさせないで』など、県民生活に直結した請願にはことごとく反対しています。これでは県民の声や願いが届かず、チェック機能も果たせません。住民の立場にしっかりと立ち、いいものはいい、ダメなものはダメだとはっきりと言える野党の議席が国会でも県議会でも求められています」と力説。


「地震列島・日本に、安全と言える原発はどこにもありません。県議会でも原発ゼロ基本条例の制定を求め、安全・安心な愛媛、ふるさとを守ります」と訴えると大きな拍手がわき起こりました。


石本憲一県書記長は、南予で国政野党が県議選に出るのは八幡浜・西宇和郡区だけだとして、安倍政権を終わらせるために審判を下そうと力説。3候補の当選で、交渉会派をつくり、消費税増税中止、9条改悪阻止へがんばろうと訴えました。


坂尾真宇和島市議は「福祉に冷たい一方で、加計学園には巨額の補助金を支出し、原発を容認する県政を変えていく選挙だ。ライフワークとして反原発運動に取り組んできた遠藤さんを県議として送り出し、伊方原発を廃炉にして、私たちのくらしと地域を守っていこう」と呼びかけました。

    ページの先頭へ


    search this site.

    新着記事
    更新履歴
    携帯サイト
    qrcode

    Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
    POWERED BY JUGEM