<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

野党と市民の共闘で安倍政権退陣を/四国一斉宣伝で林県委員長らが訴え

2019年06月04日(火)

 

「共闘の力で改憲を阻止し、安倍政権を倒そう」と訴える(左から)林、植木、小崎、杉村の4氏
(5月10日、松山市)

 

「参院選で日本共産党の躍進、野党統一候補のながえ孝子さんの勝利を!」と、日本共産党四国一斉宣伝日の10日、同党県委員会と中予地区委員会は、松山市千舟町の商店街で街頭演説。「共闘の力で改憲を阻止し、10月からの消費税増税を中止させ、安倍政権を倒そう」と訴えると、「安倍政権はひどい」「今度は、ながえさんだ!」などの激励があり、市民の注目を集めました。


林紀子県委員長、植木正勝地区委員長、小崎愛子松山市議、杉村千栄松山市議が訴えました。


植木氏は「2カ月後の参院選は、安倍自公政権を退場させる戦い。愛媛選挙区の市民と野党の統一候補・ながえさんを国会へ送り出すために力を一つに合わせよう。比例では野党共闘を進めるために本気でがんばる日本共産党を大きく伸ばしてください」と訴えました。


林氏は、日本会議系改憲派集会に安倍首相がビデオメッセージを寄せ、来年の新憲法施行の目標は変わらないと明言したとして、「嘘と隠ぺいの政治を進めながら立憲主義を破壊し続けている安倍政権に参院選で明確な審判を下そう」と力説。


「参院選の比例でも選挙区でも野党が大きく躍進すれば暴走する安倍政権にストップをかけ、安倍政治サヨナラの大きな道が見えてくる。衆院解散が強行されるならば、一気に安倍政権を退陣に追い込むチャンスであり、市民と野党の共闘をスピードアップしていく決意です」と力を込めました。

    ページの先頭へ


    search this site.

    新着記事
    更新履歴
    携帯サイト
    qrcode

    Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
    POWERED BY JUGEM