<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

明日への希望が持てる政治を/日本共産党躍進、ながえさんの勝利必ず/参院選7月21日投票

2019年07月02日(火)

 

 

野党統一・ながえ孝子選挙区予定候補

 

日本共産党の仁比そうへい比例予定候補

 

「安倍政治にサヨナラして明日への希望が持てる政治をつくろう。市民と野党の共闘勝利と日本共産党の躍進こそが政治を変える力!」――。参院選は、4日公示(21日投票)されます。日本共産党は、愛媛選挙区(改選数1)で市民と野党の統一予定候補・ながえ孝子氏(59)=無所属新、元衆院議員=の勝利をめざすとともに、比例代表で仁比そうへい予定候補(55)=現、弁護士=の必勝をはじめ7議席獲得をめざしています。


愛媛選挙区には、ながえ氏のほか、自民党新人のらくさぶろう氏(54)=公明推薦=が立候補を予定します。


32の1人区では、日本共産党など5野党会派が野党統一候補を擁立することで合意。「安倍政権による憲法9条改定を許さない」など13項目の「共通政策」でも合意しました。野党統一候補の擁立でも、「共通政策」でも3年前の参院選での合意を大きく前進させました。


日本共産党は、「比例を軸に」を貫き、全国では「850万票、15%以上」、愛媛では「9万票、15%以上」の得票が目標です。1人区での野党統一候補の勝利に全力を上げるとともに、比例代表選挙での躍進こそが政治を変える決定的なカギとして全力で奮闘しています。


11日午後6時10分から、松山市の市駅前で小池晃書記局長が街頭演説し、政策を訴えます。


中四国・九州を活動地域とする仁比そうへい比例予定候補は、昨年の7月豪雨では、本県被災地に駆けつけ、被災者の声をもとに国会で奮闘。政府の新たな災害対策を引き出しました。仁比氏の議席は、本県になくてはならないものです。


大争点として急浮上した年金問題の対決構図は、「マクロ経済スライドで7兆円の年金削減か、マクロ経済スライドの廃止で減らない年金にするのか」です。日本共産党躍進こそが安心できる年金に踏み出す道です。


日本共産党と後援会は、日本の命運がかかった参院選に必ず勝利し、希望ある新しい政治の扉を開こうと、宣伝・支持拡大に全力を上げています。

    ページの先頭へ


    search this site.

    新着記事
    更新履歴
    携帯サイト
    qrcode

    Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
    POWERED BY JUGEM