<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

「選挙区はながえさん、比例は共産党」を一体で/党長浜支部・後援会が宣伝・支持拡大に奮闘/大洲市

2019年07月11日(木)

 

「選挙区は、ながえさん、比例は日本共産党」と訴える白川さんと党長浜支部・後援会(5日、大洲市)

 

大洲市長浜町の日本共産党長浜支部・後援会は「選挙区はながえさん、比例は共産党」と、選挙区と比例の支持拡大を一体で訴えることに力をつくしています。


5日には、同町のスーパー・ショッパーズ前や下須戒で街頭演説。スーパー前には、党員や党後援会員ら14人が参加。党四国ブロック国政対策委員長の白川よう子さんが訴えました。梅木かづこ大洲市議とともに手を振って通行人にアピールしました。


誘われて参加した男性(75)は「野党共闘を成功させるためにがんばっている共産党の姿は、党のイメージを変えましたね。よくしました。安倍政権は長すぎる。増長している。野党が過半数を取って、安倍政権を終わらせてほしい」と話しました。


党長浜支部の参院選での支持拡大目標は500票。党支部長は「ビラ配りなどに追われて、支持拡大が遅れています。名簿をもとに、やっと電話かけを始めたところです。選挙区のながえさんの支持と、比例での日本共産党の支持を一体のものとして、なんとか目標を達成したい。知り合い、親戚などには『折り入って作戦』で支持拡大をお願いしたい。なんとしても自公・維新の改憲勢力を3分の2以下に減らし、安倍9条改憲をやめさせたい」と決意を語ります。


下須戒で宣伝していると、近くの職場の女性が道路まで出向いて聞き入り、「ながえさんを応援しています。がんばってください」と激励。


演説を聞いていた男性(83)は「税金の取り方、使い方をぜひ変えてほしい。そのためには政治を変えんといけん。共産党に躍進してほしい」と話しました。

    ページの先頭へ


    search this site.

    新着記事
    更新履歴
    携帯サイト
    qrcode

    Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
    POWERED BY JUGEM