<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

総選挙、参院選勝利し党創立100年迎えよう/仁比氏、白川氏迎え希望を語るつどい

2019年10月15日(火)

 

参加者の激励を受ける仁比前参院議員と白川衆院比例予定候補(9月18日、松山市)

 

日本共産党県委員会と中予地区委員会は9月18日、仁比聡平前参院議員と白川よう子衆院比例予定候補を迎えて、松山市のコムズで「希望を語るつどい」を開き、70人が参加。衆院比例四国ブロックで白川予定候補の議席獲得、参院選で仁比氏の議席奪還を果たし、日本共産党創立100年を迎えようとの決意を固め合いました。


仁比氏は「西日本豪雨で大被害を受けた岡山県真備町で、史上初めて国政選挙での日本共産党演説会を開き、自民党支持者が多数参加し、『仁比さんの話、日本共産党の政策がストンと胸に落ちた』との感想が寄せられました。日本共産党の真の姿と訴えが市民に届き、市民と野党の共闘を本気で進めれば、安倍政治を終わらせ、希望が持てる政治に代えることができるということを確信にすることができた」と参院選を振り返りました。


「安倍政権に代わる野党連合政権をつくろうとの草の根からの合意を愛媛でもつくり上げるために力をつくしましょう。この秋の闘いで安倍政権を解散に追い込み、総選挙では安倍政治を終わらせる決定的な成果、6人区の比例四国で白川さんの議席を勝ち取るために全力を上げます。そして私は、3年後の参院比例で絶対に国会に戻ります」と決意表明しました。


白川さんは「先日、日本共産党の7中総があり、連合政権問題を『野党は共闘』の段階から『野党は連合政権を』の段階に進めることを決めました。党創立97周年の志位委員長の記念講演は野党共闘のバイブルです。日本共産党は、3年後に創立100周年です。総選挙と参院選で必ず勝利し、新たな陣地で100周年を迎えましょう」と呼びかけました。


鬼北町から参加した無所属の元町議・山本勣さんは「あまりにひどい安倍政治に代わる政治を国民は求めています。それが日本共産党が提唱する野党連合政権だと思います。本気で挑戦する日本共産党の姿は、必ずほかの野党にも影響を与えるのではないでしょうか」と話していました。


松山市の女性(72)は「『3年後に向けてがんばる』との仁比さんの声を聞いてうれしく思いました。白川さんも衆院比例でぜひ当選して、野党連合政権へ道を開いてほしい」と期待を述べました。

    ページの先頭へ


    search this site.

    新着記事
    更新履歴
    携帯サイト
    qrcode

    Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
    POWERED BY JUGEM