<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

安倍政権に代わる野党連合政権を/白川衆院比例予定候補が四国キャラバン/街角トーク、集い、街宣に大きな反響

2019年10月15日(火)

 

「消費税10%への意見を聞かせてください」と市民らに呼びかける白川予定候補と林氏、植木氏(3日、松山市)

 

日本共産党は、総選挙での躍進・比例四国での議席獲得と野党共闘の実現、党の自力強化をめざし、2日から4日まで、県内で四国キャラバンを実施。白川よう子衆院比例予定候補は、精力的に街角トーク、集い、街頭宣伝などに取り組み、大きな反響がありました。2日に新居浜市と西条市で街頭宣伝、集いなど、3日は松山市で本県初の街角トークを行い、市民から質問が次々と寄せられました。4日は大洲市と八幡浜市で街頭宣伝を行いました。


松山市

 

白川予定候補は3日、松山市の坊っちゃん広場の街角トークや、新玉支部の集いなどに参加しました。


街角トークには、林紀子県委員長、植木正勝中予地区委員長ら5人が参加。白川予定候補は「これから、この場所をお借りして、街角トークを始めさせていただきます。初めての取り組みですので、戸惑いもありますが、日本共産党へのご質問や政治への思いをお寄せください。みなさんとご意見をキャッチボールしながら進めたいと思います」と呼びかけました。


林氏らが「消費税10%街角アンケート」を呼びかけ、シール投票した人たちにマイクを向けると、「消費税には我慢ができない」「お金持ちから税金を取ってほしい」「消費税を下げた方が物は売れる」「財源はあるのか」などの意見が次々と出されるなど、対話が弾みました。


差し出したマイクに向かって高齢者の女性は「駆け込み需要と言うが、駆け込みもできない」と訴えました。


白川予定候補は「日本の景気が悪くなったのは、消費税を5%から8%に引き上げた時からです。これまでに国民が払った消費税は397兆円。その大部分は、大企業や富裕層の減税に使われました。税金の取り方、使い方を変えさせましょう」と話しました。
「高すぎる、下げてほしい」と言う男性に、白川予定候補は「5%に引き下げることを提案しています。れいわ新選組とも合意しています。引き下げの声を上げましょう」と呼びかけました。

 

西条市

 

白川予定候補は2日、午前中に新居浜市内2カ所で街頭演説しました。


午後は、西条市入りし、日本共産党西条西支部の伊藤明支部長宅と、丹原支部の竹ノ内俊明さん宅で、「日本共産党と未来を語る集い」に参加しました。


丹原支部の集いには8人が参加。伊藤学東予地区副委員長も参加。党外の支持者3人が参加しました。


白川予定候補は「参院選挙で愛媛のみなさんは、永江孝子さんを当選させ、保守王国と言われる愛媛県に風穴を開けました。みんなが力を合わせれば、政治を変えることができることを実感したのではないでしょうか。次は総選挙です。四国から、この私を国会に送り出してください」と力を込めました。


周桑民商副会長の高井敏孝さんは「戦前の軍国主義教育で、いまでも歴代天皇の名前は全部言える。このまま放っておくと、戦前のような時代になってしまう。憲法は絶対に変えさせてはならん。そのためにも、白川さんを今度こそ絶対に国会に出そう」と訴えました。


78歳の女性は「党員ではありませんが、自分のことよりも人のため、世の中のためにがんばる共産党が好きです。まず親戚から支持を広げたいと思っています」と話しました。


別の参加者は「白川さんのお話は大変よかったです。何としても当選させたいです」と話していました。

 

大洲・八幡浜市

 

遠藤綾八幡浜市議、遠藤素子元市議とともに訴える白川予定候補(4 日、八幡浜市)

 

白川予定候補は4日、大洲市と八幡浜市に入り、各所で街頭宣伝。車から手を振ったり、クラクションで激励する人や、訴えに聴き入る人の姿が見られました。


白川予定候補は、消費税10%増税に「もう耐えられない」と苦しむ市民の声を紹介し、増税を強行した安倍政権を批判。日本共産党は、5%に減税し、廃止をめざす闘いをただちに呼びかけたこと、新たに野党連合政権の実現を提案したことを紹介。


「安倍政権に代わる、あなたの願いが実現する新しい政権を総選挙で一緒につくりましょう」と訴えました。


大洲市では、梅木かづこ市議ら5人とともに街頭宣伝。大型ショッピングセンター前では、昨年の西日本豪雨で自宅が浸水したと言う女性(44)が、修繕費などの出費がかさんだ上に今回の消費税増税で、「大変ですよ」とため息を漏らしました。


スーパー前で屋台を営む女性は「大洲もですが、全国で大きな災害が起きています。多くの人が生活の立て直しに苦労しています。いま増税しなくても」と話しました。


八幡浜市では、遠藤綾市議らとともに街頭宣伝。スーパー前で休憩中の男性(80)は「10%増税は、あんまりうれしくないね」と話し、白川予定候補の「野党連合政権の実現を」との訴えを聞き、「ええね。安倍政権は長すぎる、代わったほうがいい」と賛同。隣にいた男性(80)も「野党に勢いづいてほしいね」と話しました。

    ページの先頭へ


    search this site.

    新着記事
    更新履歴
    携帯サイト
    qrcode

    Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
    POWERED BY JUGEM