<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

温かい協力が次々と/台風19号災害救援募金

2019年10月29日(火)

 

松山市で救援募金を呼びかける日本共産党県委員会と中予地区委員会(14日)

 

日本共産党県委員会と中予地区委員会は14日、松山市千舟町の商店街で、台風19号災害救援募金に取り組みました(上写真)。祝日のため小・中学生や親子連れの通行者が多く、次々に足を止めて募金していました。


「しんぶん赤旗」掲載の日本共産党台風19号災害対策本部の記事をパネルにして掲げ、林紀子県委員長、植木正勝地区委員長らがマイクで募金への協力を訴えました。


ベビーカーの子どもにお金を渡して募金箱に入れさせるお母さん。5、6人の中学生のグループが募金するなど次々と温かい協力がありました。


会社を経営していると言う女性と2人で通りかかった女性がすすんで募金し、「被災者のことを思うと、募金できる私たちは幸せ。私はいつでも募金しています」と話しました。「確実に届けて」と言いながら募金箱に入れる人も――。


若い女性は「去年のこともあったじゃないですか」と愛媛の豪雨災害のことを思いながら募金していました。

 

宇和島市で救援募金を呼びかける南予地区委員会(15日)

 

日本共産党南予地区委員会と宇和島市委員会は15日、宇和島市の恵美須町商店街で救援募金に取り組み、西井直人地区委員長、加勢山敦子さん、奥田喜久美さんら8人が参加(上写真)。のぼりを立てて、ハンドマイクで呼びかけると、次々に募金が集まりました。


党県委員会・地区委員会は、党中央委員会の呼びかけに応えて党員・後援会員に協力を訴え、継続的に街頭募金も行うことにしています。

    ページの先頭へ


    search this site.

    新着記事
    更新履歴
    携帯サイト
    qrcode

    Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
    POWERED BY JUGEM