<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

くらし支える温かい市政へ/日本共産党 おちゆみこ予定候補が初議席めざす/来年2月の西条市議選

2020年06月01日(月)

 

おちゆみこ予定候補

 

来年2月23日任期満了の西条市議選(定数2減の28)に立候補を予定する、新人・おちゆみこ予定候補(37)=市党くらしの相談室長=。11期奮闘した青野貴司市議とバトンタッチし、初当選をめざします。


「中小業者は、経営難や高い税金に苦労しています。それを助けなければならない市政も、国の悪政の流れに逆らうことができない。どうしても、いまの政治を変えなければなりません。私は、小さな声を拾って市政に届け、きめ細やかな、くらしを支える温かい市政を実現したいです」と立候補の決意を語ります。


周桑民商事務局長として、コロナ感染拡大による売上激減や「補償なき自粛要請」で危機的状況に陥っている業者の相談に乗り、持続化給付金などの申請に大忙しの毎日です。


「廃業を決めたが借金があるのでどうしたらいいか」「大手企業の下請けで仕事が来なくなり、従業員もいるので頭を抱えている」――。コロナ関連の相談が相次いでいます。


「コロナで売上が半減した法人に最大200万円、個人に100万円を支給する持続化給付金の申請は、インターネット申請だけで、パソコンやスマホを持っていない人は申請できません。国がすることは、現場とのズレが本当に大きいのです」と怒ります。


神奈川大学経済学部のゼミで、韓国の従軍慰安婦が暮らすナヌムの家や、ポーランドのアウシュビッツ強制収容所などを訪問。平和の大切さを肌身で感じるとともに、「自分の足で歩いて調べる」ことの大切さを学びます。


家族は、夫と小学1年と5年の2人の娘。子育て真っ最中です。 中学・高校でソフトボール部のピッチャーとして活躍したのを再び!と最近、グローブやスパイクを購入。夫とのキャッチボールが楽しみです。


「高くて払えない国保税の問題や、施設利用料金の値上げ、保育園のノートや色鉛筆などの文房具を有料化するなど市民負担を次々に増やす市政の下で、困っていてもなかなか言えない市民の話を聞き、要求を掘り起こし、一緒に動いて解決できる議員をめざしたいです」とにっこり。


街頭宣伝にもさっそく取り組みたいと元気いっぱいです。


【略歴】新居浜東高、神奈川大学経済学部卒。新居浜民商を経て、2009年から周桑民商事務局長。党東予地区委員、市党くらしの相談室長。

    ページの先頭へ


    search this site.

    新着記事
    更新履歴
    携帯サイト
    qrcode

    Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
    POWERED BY JUGEM