<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

切実な要求実現へ住民とともに歩む/日本共産党 ひだかゆうすけ市議が2期目に挑戦/四国中央市議選

2020年06月19日(金)

 

ひだか ゆうすけ・四国中央市議

 

四国中央市議選(定数22、11月27日任期満了)に立候補を予定する日本共産党の、ひだかゆうすけ市議(39)。コロナ感染拡大で大変な時だからこそ、市が国の悪政の防波堤となることが求められています。自治体本来の役割を発揮するように、市民と力を合わせて政治を変えたい」という強い思いで2期目に挑戦します。


毎議会発言し、▽入学後の支給だった就学援助入学準備金を入学前に支給▽3年生までの学童クラブを4年生まで拡充▽全小・中学校にエアコン設置――などが実現し、幅広い市民から頼りにされる議員になっています。


生活相談や、生活道路・通学路の改修など、身近な市民要求実現にも奔走。フットワークが軽く、困りごとが寄せられるとすぐに現場に向かい、写真を撮影。市の担当者に見せて、改善を求めます。


「桃山墓園へ行く道が狭くて怖い。何とかしてほしい」との訴えに、市民とともに1150筆の署名を集めて市に要望。2018年に危険な40メートル区間を拡幅し、待避所も完成しました。


現在も、「JR伊予三島駅南口駐輪場に屋根がなく、サドルやヘルメットが濡れる。なんとかしてほしい」との声が寄せられ、屋根設置を市に求める署名を集めています。


「住民が声を上げ、自ら要求実現の先頭に立てば、政治は変わるし変えられる」との信念のもとに、住民とともに歩む活動スタイルを貫いています。


「国民の苦難軽減という党の理念に共感し、平和な世界を作りたい、世界を変えたい」と21歳で入党。市の特別養護老人ホームの介護福祉士・臨時職員として7年4カ月間働き、高齢者の介護に携わってきました。


「利用者さんが車椅子を一人で動かすことができるようになり、その人らしい生活を取り戻していく姿に接するたびに働き甲斐を感じました」とにっこり。


昨年からマルクスやエンゲルスの文献を輪読する「うま社会科学研究会」を始めました。


「コロナ禍で、病床を減らすのではなく、増やす必要が浮き彫りになりました。中核病院建設にも市のリーダーシップが必要」と力を込め、お年寄りや青年の声を市政に反映させるために全力投球です。


【略歴】松山東高校通信制課程卒、放送大学卒。介護福祉士。現在、市議1期目、市議会教育厚生委員、広報ICT推進特別委員。

    ページの先頭へ


    search this site.

    新着記事
    更新履歴
    携帯サイト
    qrcode

    Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
    POWERED BY JUGEM