<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

安倍政治終わらせる決着を総選挙と市議選で/三好市議事務所開きで激励、期待次々/四国中央市

2020年09月13日(日)

 

事務所開きで力強く決意を訴える三好市議(6日、四国中央市)

 

日本共産党の三好ひとし市議の事務所開きが6日、四国中央市の金沢集会所で開かれ、43人が参加。「自治会などで一緒に活動しているが、三好さんはいつも先頭に立ってみんなを引っ張り、厚い信頼を得ている頼りになる人だ。みんなの力で議会に送り出そう」と激励と期待の声が相次ぎました。三好事務所は、同市上分町1311の16。


青木永六市議は「三好市議は、党市議団の要かなめであり、市民の困りごとの解決をめざし、議会ではズバリ発言し、市民の利益を守る役割を担っている。3人の市議団を何としても守り切るためにご支援を」と開会あいさつ。


三好市議は「議会は、市政の監視役だが、市当局が提案する予算や議案に、共産党を除く議員はすべて手を上げるような状況だ。議会で審議を尽くし、チェック機能を果たす議会に変えていく仕事をぜひ私にさせてほしい。税金の使い方をチェンジして、命・くらし一番の市政にするためにがんばりたい」と力強く決意を訴え、大きな激励の拍手に包まれました。


宇摩民商の坂上孝前事務局長は「三好市議には、道路舗装や水路悪臭、国保や市税の滞納問題など、いろんな相談を解決してもらっている。『国保と介護保険料が高いので引き下げてほしい』との切実な要求実現のためにがんばってほしい」と期待を語りました。
林紀子県委員長と伊藤学東予地区委員長が発言し、林氏は「三好さんをはじめ3人そろって議会へ押し上げてほしい。今度の選挙は、大変な激戦で、大激動の情勢の中での選挙。安倍政治を終わらせる決着を、総選挙と市議選でしっかりとつけよう」と支援を呼びかけました。

    ページの先頭へ


    search this site.

    新着記事
    更新履歴
    携帯サイト
    qrcode

    Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
    POWERED BY JUGEM