<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

「何かしたい」思いを社会変える連帯へ/民青愛媛県委が代表者会議

2012年02月19日(日)
 日本民主青年同盟愛媛県委員会は12日、松山市内で代表者会議を開き、「『何かしたい』思いを社会を変える連帯に広げよう」などとする2012年度活動方針を決定。県委員長に大嶋慶太さん(31)を再選しました。

 参加者は「あなたの願い聞かせてアンケート」を使って近況や加盟してよかったこと、これからやってみたいことを交流しました。

 医療事務で働く女性は「班会議の3分間スピーチが楽しい。民青はつながりがつくれるところ。温かさを大事にしているところがいい」と発言。

 脱原発の取り組みや、東北でのボランティア活動に参加した学生は「民青で日本共産党綱領と科学的社会主義を学び、原発事故や東北で復興が進まない背景に日本社会の異常があることが分かった。班で綱領をもっと学びたい」と話しました。

 代表者会議は、東日大震災から1周年の3月11日に、追悼と復興への願いを込めて「希望の灯をともそうキャンドルプロジェクト」を行うことを確認。

 日本共産党の林紀子県委員長は「昨年の民青同盟の活動には、私たちも大いに励まされました。消費税増税をストップし、原発をなくすために一緒にがんばりたい」とあいさつしました。
    ページの先頭へ


    search this site.

    新着記事
    更新履歴
    携帯サイト
    qrcode

    Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
    POWERED BY JUGEM