<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

町民の願いを実現する町政へ/日本共産党 高田幸也候補が2期目へ全力/鬼北町議選11日告示

2017年04月08日(土)

 

高田幸也町議

 

鬼北町議選は、11日告示(16日投票)されます。日本共産党の高田幸也町議(62)=現、党鬼北支部長=は、2期目をめざして全力を上げています。選挙戦は、定数2減の12に16人が立候補する激戦。前回は無投票だったため、高田候補は選挙戦が初めてで、予断を許しません。


この4年間、毎議会一般質問をしたのは高田町議だけです。平和行政や平和教育、小中学校プールの安全管理、耕作放棄地の再生対策、上水道の有収率(管路の漏水や事故があると下がる)の向上、認知症の予防と対策、木造住宅耐震改修事業の促進、AED(自動体外式除細動器)の使用方法の周知など、町民の願いを議会で代弁してきました。


高田町議は「町民のみなさんの声を聞き、議会で欠かさず発言すること、行政をしっかりチェックすることなどを約束して議会に出させていただきました。まだまだやり残したことがたくさんあります。全力でがんばります」と決意表明。


▽国保税、介護保険料・利用料の負担軽減▽中学校卒業まで医療費の完全無料化▽住宅リフォーム助成制度の創設▽伊方原発の停止、廃炉で原発ゼロの実現▽低料金の予約制乗り合いタクシー(デマンドタクシー)の実現で、高齢者や障害者が気軽に買い物や通院できる町に▽特産品の加工・販売・販路開拓への支援▽農業公社を軸とした新規就農支援策の充実――などを公約し、全力を上げています。

    ページの先頭へ


    search this site.

    新着記事
    更新履歴
    携帯サイト
    qrcode

    Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
    POWERED BY JUGEM