<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

市民のくらし第一の市政を/日本共産党 梅木かづこ市議が4期目めざす/大洲市議選挙8月27日告示

2017年06月17日(土)

JUGEMテーマ:共産党(日本共産党)

 

 

8月27日告示の大洲市議選(定数1減の21)に日本共産党から梅木かづこ市議(64)=現=が立候補し、4期目をめざします。
「私の政治信条は、『大洲市を、安心して産み、育て、生活し、老いを迎えられる街にしたい』です。必ず勝利し、市民のくらし第一の市政をめざします」と決意を語ります。


清水裕市政は、市民の90%以上が伊方原発30キロ圏内で生活しているにもかかわらず、「原発と共存」と主張し再稼働を容認。山鳥坂ダムは推進の立場です。


「市の貯金である基金が70億円もあるのに、財政難と言って直営の特別養護老人ホームや障害者施設・大洲学園の民営化、公共施設の利用料値上げなどを検討しています。税金や国保税負担も大変です。市民の税金は、市民のくらしを応援するためにこそ使うべきです」と力を込めます。


今期の議会請願全47件のうち、梅木市議が紹介議員になったものは「安心・安全な医療・介護」や「年金引き下げ反対」「最低賃金改善」「介護職員の処遇改善」など37件78%に及びます。


梅木候補は、切実な市民の願いを市政に届けて毎議会質問。▽幼稚園での3歳児保育( 平野、久米、河辺)▽幼稚園でのあずかり保育、病児保育▽第3子の通院医療費を中学校卒業まで無料化▽市の非正規職員の処遇改善▽消防団員の手当の引き上げ――などを実現。『大洲民報』を欠かさず毎週発行して、市議会の様子を市民に知らせてきました。


「憲法改悪、『共謀罪』強行、森友・加計疑惑など安倍暴走政治を許さない防波堤の役割を市議会が果たすよう全力をつくします。党大洲市委員会が実施したアンケートでは、『生活が苦しくなった』『年金が減った』『国保税、介護保険料が上がった』などの声が多く寄せられています。『市民の足確保のために公共交通を充実してほしい』との声も切実です」と強調。


「山鳥坂ダム中止、伊方原発廃炉、年金でも入れる特別養護老人ホーム建設、子どもの医療費の中学校卒業までの完全無料化、市内公共交通の充実、学校給食費助成、地場産業の振興などをめざします」と訴えています。


【略歴】関西大学卒。河辺村議4期。2005年の合併で大洲市議。現在、議会運営委員、産業建設委員。市文化協会理事。山鳥坂ダムはいらない市民の会運営委員。党市副委員長。

    ページの先頭へ


    search this site.

    新着記事
    更新履歴
    携帯サイト
    qrcode

    Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
    POWERED BY JUGEM