<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

加計学園獣医学部/100億円もの市負担が市民苦しめる/小中学校給食費の無料化こそ/今治市議会

2017年09月26日(火)

 

松田澄子・今治市議

 

日本共産党の松田澄子市議は11日、今治市議会で一般質問に立ち、加計学園獣医学部の建設費の算定根拠などについて質問し、土地無償譲渡と補助金で100億円もの市負担が市民を苦しめることになりかねないとして菅良二市長をただしました。また、小中学校給食費無料化を求めました。


松田市議は「64億円の補助金を、『市長の心意気』で決定したが、その前提となる192億円の建設費の妥当性が、改めて問われている」として、市として建設費総額の決定を了承するに至った経緯と根拠、建設費の妥当性を誰が判断し、確認したのかを質問。


市は、建築の専門部署で審査し、適正であったと強弁しました。


松田市議は、市と加計学園の基本協定書で「開設及び運営にかかるものについては今治市内企業を活用する」とあるのに、校舎建設を県外建設会社が受注したことについて、「協定無視がひどすぎる」として、地域貢献になっていない状況を批判。


バイオセーフティレベル(BSL)3の病原体・鳥インフルエンザなどを研究する施設の安全性についてただしました。


市は「BSL3レベルの病原体を取り扱う施設基準を満たした計画であり、安全性について心配はない」と述べるだけで、市民の不安には答えませんでした。


松田市議は、無償譲渡用地費36億7500万円、建設費補助金64億円で合計100億円以上が市民負担になるとして、「市の活性化に欠かせない40億円の合併特例債を貯めてきたから、新たに市民に負担をかけることはないと言えるのか」と批判しました。


さらに、子どもの貧困の解消、子育て世代の経済的負担を軽減し、安心して子育てできる環境整備を図り、少子化対策を推進するために、小中学校の給食費無料化を求めました。


「負担を将来に先送りしないよう基金を積み立ててきた」と従来の説明を繰り返し、給食費無料化に後ろ向きの市に対して、松田市議は「優先順位を福祉優先の街づくりへと切り替えるべきだ」と厳しく指摘しました。

    ページの先頭へ


    search this site.

    新着記事
    更新履歴
    携帯サイト
    qrcode

    Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
    POWERED BY JUGEM