<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

安倍9条改憲NO、憲法を生かす統一署名を/日本共産党が西条市の五日市で宣伝署名

2017年11月13日(月)

 

五日市で訴える山地市議、青野市議、国田氏と党西条市後援会のメンバー(5日、西条市)

 

日本共産党西条市委員会と後援会は5日、毎月5日に開かれる五日市で賑わう西条市の紺屋町商店街で街頭宣伝し、安倍9条改憲NO、憲法を生かす全国統一署名に取り組みました。五日市の日に毎回行っている行動です。青野貴司、山地美知一両市議、3区候補として衆院選を戦った国田睦氏ら7人が参加し、21人の署名が集まりました。


国田氏は「総選挙での温かいご支援に感謝申し上げます。共産党は議席を減らし残念な結果でした。しかし、安倍政権の下での憲法9条改悪を許さないの一点での共闘が進み、野党共闘の議席は38から69へ増えました。引き続き野党共闘を積極的に進め、安倍9条改憲を絶対に許さないためにがんばります」と決意表明しました。


青野市議は「衆院選挙で日本共産党は、沖縄1区で赤嶺政賢氏、比例代表で11氏、合わせて12人が当選しました。立憲民主党、社民党など野党共闘の勢力と力を合わせ、憲法改悪NO、消費税引き上げストップのために全力を上げます」と訴えました。


山地市議は「総選挙では、自公が改憲発議に必要な3分の2以上の議席を占めました。自民党が比例で得た得票率は33%なのに61%の議席を得るという大政党に有利で民意をゆがめる小選挙区制がつくった〝虚構の多数〟です。安倍政権の9条改憲は、自衛隊の無制限な海外での武力行使に道を開く、本当に危険なものです」と呼びかけました。


署名した男性(58)は「北朝鮮の核やミサイルは許されません。しかし、圧力一辺倒では、本当の戦争になるかもしれません。犠牲になるのは庶民です。対話こそ必要です」と話しました。

    ページの先頭へ


    search this site.

    新着記事
    更新履歴
    携帯サイト
    qrcode

    Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
    POWERED BY JUGEM