<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

疑惑解明、情報開示を国に働きかけよ/日本共産党 田中県議が中村知事に申し入れ/加計学園獣医学部認可問題

2017年11月27日(月)

 

 

加計学園の今治市への獣医学部新設を国が認可(14日)した問題で17日、日本共産党の田中克彦県議は、国の認可に厳しく抗議するとともに、「国は認可を撤回し、県民への説明責任を果たすことを最優先にすべきだ」と指摘。県として、疑惑解明、情報開示を国に働きかけるよう中村知事に申し入れました。


田中県議は「獣医学部の認可が下り、開学へ準備がひたすら進むようなことでいいのか。県も国家戦略特区申請を後押しし、ワーキンググループでプレゼンテーション(提案)をしたのは当時の県地域振興局長だ。当初計画には、多くの是正意見や警告も出され、教員の高齢や確保の問題、実習の不備などもあり、とても『熟度が高い』とは思えない」と指摘。


「『丁寧に説明する』と言った安倍首相も7月以降は何も語らず、疑惑は残ったままだ。禍根を将来に残さないためにも、いま徹底して議論することが必要だ」と力説。


(1)認可に至った経過を国が直接、県や県民に説明する。加計孝太郎理事長自身が県民に説明する(2)審議会での議論の全体を、さらに情報開示する(3)4条件に合致しているのか検証する(4)国がさらなる情報開示、疑惑解明への真しな対応をする――ことなどを国に強く求めるよう申し入れました。


県地域振興局地域政策課活力創出グループの大塚尚士係長は「上司に伝え、しかるべき対応をする」と答えました。

    ページの先頭へ


    search this site.

    新着記事
    更新履歴
    携帯サイト
    qrcode

    Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
    POWERED BY JUGEM