<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

二大政党制を私たちの戦いで食い止めた!/白川よう子さんを囲む会で本音語り合う/日本共産党中予地区委

2017年12月05日(火)

 

机を〝ロの字型〟に並べて、総選挙についてざっくばらんに白川さんとともに語り合う参加者(11月21日、松山市)

 

「捲土重来を期して、総選挙についてざっくばらんに語り合おう」と11月21日、日本共産党中予地区委員会は、衆院選比例候補として大奮闘した「白川よう子さんを囲む会」を松山市の中予地区委員会事務所で開き、25人が参加。「自力をつけることの大切さを痛感した」「電話にかじりついて死に物狂いでがんばった」などと本音で話し合いました。


白川さんは「四国で14年ぶりの国政議席奪還ができず、悔しくて、残念な思いでいっぱいです。みなさんも同じ思いだと思います。ぜひ、いろんなご意見をいただきたいです」とあいさつ。


「選挙が終わって一番感じたのは、大きな勢力が二大政党制に戻そうとしていたのを、私たちの戦いで食い止めたということです」と強調。


高知2区で無所属・野党統一候補の広田一さんを党として支援し、四国の小選挙区で山原健二郎さん以来、21年ぶりに当選させた戦いを紹介し、「安倍首相が恐れていたのは、このことなんだ」と再認識したと力説。


「こういう大きな戦いを四国でも広げてきたという自覚と自信を持とう。この闘いで得た多くの新しい友人のみなさんとともに、来年の松山市議選や再来年のいっせい地方選、参院選、総選挙で勝って、党創立100周年を満面の笑顔で迎え、新しい峰を大きく築いていこう」と呼びかけました。


参加者は、「今後につながるような動きは、愛媛ではどうだったのかを知りたい」「期日前投票が増えており、選挙戦術を考えなくては」「小選挙区では党候補に投票したが、比例は立憲民主党に入れた方もいた。党をもっと丸ごと理解してもらっていたらと思う」「死に物狂いで、なんとか得票目標を上回る支持拡大をしたが、やっぱり自力の問題がある。若い党員を支部に入れないといけない」などの意見や感想、質問が出されました。


植木正勝地区委員長は「1区出発式で新社会党県本部の島本保徳書記長に応援演説をしてもらい、勝手連にも支援してもらった」と新しい共闘の広がりを紹介しました。


白川さんは「みなさんの大奮闘を聞いて、背筋がピンとする思いで、次に向かってがんばっていこうという思いになりました。力を合わせ、変化を起こし、新しい挑戦へがんばりましょう」と呼びかけ、参加者は共感の大きな拍手を送りました。

    ページの先頭へ


    search this site.

    新着記事
    更新履歴
    携帯サイト
    qrcode

    Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
    POWERED BY JUGEM