<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

小学生の通学路を総点検し安全確保に万全を/市議団・いのもり春枝氏らが野志松山市長に要望

2018年02月20日(火)

JUGEMテーマ:共産党(日本共産党)

 

28項目の要望を野志松山市長に提出した、(左から)谷田、小崎、いのもり、三宮の4氏(1日、松山市役所)

 

日本共産党松山市議団と、いのもり春枝党松山市労働部長(松山市議予定候補)は1日、同党のアンケートに寄せられた、「小学生の通学路の総点検をし、安全確保に万全を」などの市民の要望を28項目にまとめ、野志克仁松山市長に提出しました。


いのもり氏、小崎愛子市議、三宮禎子元市議、谷田慶子党素鵞支部長の4氏が市理財部に申し入れたもの。


いのもり氏らは、戸別配布した住民アンケートへ記入されたものをまとめたものであると説明。「アンケートには、国保料や介護保険料の値上げ、年金の目減りなどでくらしが大変だという切実な声が多く寄せられ、国や市の政治に対して、くらしを守ってほしいと訴えている。回答期日を示し、早期に解決してほしい」と求めました。


大木隆史財政課長は「要望は検討させていただく。回答期日も検討する」と答えました。


主な要望は、▽国保、介護保険料の値上げをしない▽国民年金で入れる特別養護老人ホームを素鵞校区に▽高齢者の公共交通利用無料パスの発行▽子どもの医療費の高校卒業までの無料化▽垣生地域に児童館をつくる▽垣生地域の車道、歩道整備――などです。


いのもり氏は「アンケートに書いていただいた人を訪ね、具体的に話を聞きました。市政のもっとも大切なことは市民のくらしを守ることです。要望実現まで働きかけます」と話していました。

    ページの先頭へ


    search this site.

    新着記事
    更新履歴
    携帯サイト
    qrcode

    Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
    POWERED BY JUGEM