<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

64億円以上は出さないとの約束守れ/高齢者慰労金打ち切り納得できない/今治市議会

2018年03月19日(月)

 

松田澄子市議

 

日本共産党の松田澄子市議は9日、今治市議会3月定例会で一般質問に立ち、新たに提案された加計学園獣医学部に関連する予算について、「獣医学部に市の負担は64億円以上出さない」との従来の約束を厳守するよう菅良二市長に求めました。また、加計学園に多額の補助金を支出する一方で、高齢者慰労金などが来年度で打ち切られることについて、「市民は納得できない」と厳しく批判しました。


今議会に提案された2018年度一般会計予算案には、獣医学部周辺の照明整備に1700万円、日本共産党の松田澄子獣医学部の施設と駐車場の間を走る市道に設置する歩道橋の建設費1億7000万円などが提案されています。


松田市議は、松前町と香川県高松市の大型商業施設にある、国道、市道をまたぐ高架の建設費について、施設側が全額負担したことを紹介。


「市道に架ける歩道橋というだけで、市が費用を負担する理由にはならない」と強調。市として64億円以上の獣医学部への負担はしないとの約束を厳守するべきだと訴えました。


市は「学生や運転者らの安全を考えて設置するもので、学園への追加補助ではない」と答えました。


松田市議は、来年度で打ち切られる高齢者慰労金などについて、「一方で加計学園に多額の公金を支出し、一方で社会保障の切り捨てが行われている。これでは市民は納得しない」とただしました。


菅市長は「大学誘致のため、市民生活に影響を及ぼさないよう財政調整基金などを積み立ててきた。将来の財政に大きな影響を与えるものではない」と答えました。

    ページの先頭へ


    search this site.

    新着記事
    更新履歴
    携帯サイト
    qrcode

    Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
    POWERED BY JUGEM