<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

教員の長時間労働解消せよ/安全点検にもとづく通学路の対策急いで/愛媛県議会

2018年03月19日(月)

 

田中克彦県議

 

田中県議は「松山市教育委員会は、過労死ラインを超えて働いていた教職員が20%以上と報告している」と指摘し、教員の長時間労働の解消について質問。


▽教員定数の抜本的増員▽非正規教員の正規化▽30人以下学級化▽部活動の週休2日制の具体化▽県独自の学力調査(学力テスト)の休止――を求めました。


井上正県教育長は「国に少人数学級の拡充や加配定数の充実を要望している。県学力調査を休止する考えはない」と答えました。


田中県議は、警察や道路管理者、学校などが合同で行った通学路の総点検の状況について質問し、情報の共有などの対策を求めました。


林学県警本部長は「昨年9月末時点で、危険箇所859カ所を把握している。順次整備する」と答えました。

    ページの先頭へ


    search this site.

    新着記事
    更新履歴
    携帯サイト
    qrcode

    Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
    POWERED BY JUGEM