<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

安倍首相へ審判下す選挙に!/日本共産党 小崎、杉村、いのもりの3予定候補必ず/宮本徹衆院議員迎え街頭演説/松山市議選挙 4月22日告示

2018年03月19日(月)

 

聴衆の声援に応える(左から)小崎、宮本、杉村、いのもりの5氏(10日、松山市)

 

4月22日告示(29日投票)の松山市議選(定数43)で、日本共産党の小崎愛子(60)=現=、杉村ちえ(41)=現=、いのもり春枝(68)=新=の3予定候補を必ず市議会に送り出そうと、宮本徹衆院議員を迎えた街頭演説が10日、松山市の市駅前など4カ所で開かれました。宮本氏は「安倍首相へ審判を下す選挙にし、市民のくらしを守る日本共産党市議団を2人から3人に必ず伸ばしてください」と力強く訴え、聴衆から大きな声援が送られました。

 

市駅前には、約50人の党員や後援会員、支持者らが集まり、声援を送りました。手を大きく振ったり、声をかけたりする若者やお年寄りなど、通りがかった市民も激励し、街頭演説は大きな注目を集めました。


宮本氏は「国会で虚偽答弁を繰り返してきた佐川宣寿国税庁長官が辞任したが、辞任は当然だ。佐川氏を擁護し続けてきた安倍首相や麻生太郎財務大臣の任命責任は重大だ。辞任による幕引きは絶対に許されない。国会と国民をだまし続けたその背景を徹底的に追及する。松山市議選を、疑惑隠しにひた走る安倍首相への審判を下す選挙にしよう」と呼びかけました。


「いま自衛隊は大きく変わろうとしている」と指摘し、安倍政権の下で初めて、日本から相手国を攻撃できる長距離巡航ミサイルを導入しようとしていると述べました。


「自衛隊をアメリカと一緒に他国の領土を攻撃できるように変えようとしている。憲法に自衛隊を明記すれば9条は完全に死文化してしまう」と強調。「憲法9条を守る決定的な力は草の根の世論だ。東京の日野市議選では、自民党の幹部は『憲法を変えるために自民党の市議を増やすことが必要だ』と訴えた。松山市議会では、自民と松山維新の会によって憲法9条の早期改正の意見書が上げられた。とんでもない。党の3人を必ず市議会に送り出し、改憲勢力を1議席でも減らし、平和を発信する市議会にしよう」と訴えました。


安倍政権の下で社会保障の改悪が次々と狙われていると指摘し、「安倍政権が庶民のくらしに冷たい仕打ちをしている時だからこそ、市議会が市民のくらしを守る砦としての役割を果たさなければならない。野志市政は、安倍首相と同じ方向を向いている。松山市にないのはお金ではなく、市民のくらしに思いを寄せる心だ」と批判。


「この市政に対し、自民も公明も松山維新もノーと言わない。そんな議員がどれだけいても市民のくらしには役立たない。市民の立場に立ってくらしを守る党市議団を2人から3人に伸ばしてください」と力を込めました。


いのもり氏は「安心して過ごせる松山市にしたいとの思いで立候補を決意しました。私には10人の孫がいます。私の孫だけでなく、どの子も健やかに育ってほしい。子どもがお金の心配をしないで安心して病院に行けるよう、今度こそ入院も通院も中学校卒業まで完全無料化を実現したい。5億円あれば実現できます」と訴えました。


杉村市議は「いま国会で『働き方改革』が議論されています。しかし、出されたデータはウソばっかりでした。ウソで塗り固められた安倍政権の言いなりになって、市民の願いに背を向けるのが野志市政です。市民の側にしっかり立つ市議会がいま必要です。市民の声をまっすぐに市政に届けます」と力を込めました。


小崎市議は「2期8年間、『市民のくらし、平和を守る』を原点に活動してきました。この4年間で250件の生活相談を受けました。医療や福祉、介護に関するものが半数以上です。安倍政権が進める医療や介護の切り捨てが松山市でも行われています。安心して老後を住み続けられる松山にするためにいっそうがんばります」と決意を述べました。


足を止め、熱心に演説に聴き入っていた50代の自営業の女性は「いま政治で起こっていることは、民意を反映していません。私たちのくらしをすごく脅かしていることなので、共産党にがんばってほしいなと思っています」と激励。


「私は、以前から共産党を支持していたわけではありません。国会でも、ちゃんとまともな質問をしているのは共産党だと思います。いろんな調査もして明らかにしてくれています。弱い人の意見をちゃんと拾おうとしてくれている政党だと思い、応援しています」と話していました。


50代の男性は「国に対してもはっきりものが言えるのは共産党だけ。間違っていることは間違っているとはっきりと言い続けてほしい。一番まともな政党が共産党だ。3人全員当選を期待している。がんばってほしい」と話しました。

    ページの先頭へ


    search this site.

    新着記事
    更新履歴
    携帯サイト
    qrcode

    Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
    POWERED BY JUGEM