<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

憲法、くらしを守る日本共産党の3予定候補/山田兼三元兵庫県南光町長がつどいで訴え/松山市

2018年04月08日(日)

 

つどいで、「3人の勝利必ず」と訴える山田さんと、いのもり春枝予定候補(3月21日、松山市)

 

「松山市議選(4月22日告示)で、日本共産党の小崎愛子、杉村ちえ、いのもり春枝の3予定候補の勝利を必ず」と山田兼三元兵庫県南光町長が3月19〜22日まで同市入りし、5カ所の「市議予定候補を囲むつどい」で訴えました。


余土公民館で21日に開かれた「いのもり春枝さんを囲むつどい」には34人が参加しました。


山田さんは「森友学園をめぐる公文書改ざん事件は、憲法を踏みにじる行為で絶対に許されない。日本共産党は党派を超えて力を合わせ、憲法、民主主義、くらしを守る政治実現をめざして全力を上げる。そのためにも3名を必ず市政に送り出してください」と呼びかけました。


町長のときに一番力を入れたのは、お金の使い方を切り替え、くらし本位の予算編成にしたことだったと紹介。


「高かった国保料の引き下げにとくに力を入れた。一般会計から国保に繰り入れ、全国平均より2万円安く、兵庫県で一番安くした。80歳まで20本の歯を残す8020運動で健康づくりに取り組み、町の医療費支出を減らし、国保料も安くなった。無駄な箱物(建物)をつくらず、休耕田にヒマワリを育てるなど、観光による町おこしに力を入れた」と述べました。


「25年間町長をして、〝いまの憲法は本当にすばらしい〟というのが私の実感だ。憲法をくらしに活かす立場で政治をすればいい政治ができる」と訴えました。


いのもり氏は、地域を回り、たくさんの要望を聞いてきたとして、国保料の引き下げ、中学校卒業までの子どもの医療費の完全無料化、保育所入所の待機児ゼロ、高齢者のシルバーパスの実現などに全力を上げると表明。


「税金は市民の願い実現のために使うべきです。市にはため込み金(財政調整基金)が182億円もあります。その一部を使えば、福祉もくらしもよくなります。みなさんの要望をよく聞き、議会に届け、みなさんと一緒に実現するために精いっぱいがんばります。議会報告は必ず行います」と決意を述べました。


党雄郡後援会の梶原健市さん、党余土・垣生後援会の一色博さんが「おだやかでやさしく、頼もしい、いのもりさんを必ず市政へ」と訴えました。

 

    ページの先頭へ


    search this site.

    新着記事
    更新履歴
    携帯サイト
    qrcode

    Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
    POWERED BY JUGEM