<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

保育施設拡充、保育士の処遇改善を/小崎、杉村、いのもり氏が松山市に申し入れ

2018年04月08日(日)

 

 

松山市の私立宮前保育所が保育士確保ができなかったとして3月末の廃止届を市に提出したことを受けて3月27日、日本共産党松山市議団(小崎愛子、杉村ちえ市議)と、いのもり春枝党市労働部長(市議予定候補)は、野志克仁市長に市の保育施設拡充や保育士処遇改善などを申し入れました。


杉村市議は「宮前保育所は3月12日に廃止を届け出た。保護者にとっても、子どもたちにとっても大変な事態だ」と強調。


「市は、2015、16年度に職員の定着などの労務管理を指導していた。保育士の負担軽減措置を取ってきたのになぜこのような事態になったのか。子どもたちや保育士たちのことを第一に考え、二度とこのような事態を招かないようにしてほしい」と述べました。


▽4月以降も在園予定だった20人の園児の移転先を一日も早く確定する▽万が一の事態に対応できるように保育施設をさらに拡充する▽保育士が働き続けられるよう処遇改善を進める▽保育士の働き方や意識についての実態調査を行う――ことを申し入れました。


高須篤律市保育・幼稚園課長は「上司に報告し、できることから対応する。20人の園児の行き先の目途はついた。保育の質の向上などソフト面の充実にシフトする」と答えました。

    ページの先頭へ


    search this site.

    新着記事
    更新履歴
    携帯サイト
    qrcode

    Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
    POWERED BY JUGEM