<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

安倍政権は即時退陣せよ!/日本共産党四国一斉宣伝デー、各地で街宣

2018年05月29日(火)

 

「加計疑惑などの真相究明と責任追及で内閣総辞職に追い込もう」と訴える植木中予地区委員長(18日、松山市)

 

日本共産党四国一斉宣伝デー(毎月第3金曜日)の18日、同党中予地区委員会は、松山市千舟町の商店街で街頭宣伝し、安倍政権の即時退陣を求めるとともに、安倍9条改憲阻止全国3000万人署名に取り組みました。


植木正勝地区委員長は、加計学園獣医学部問題をはじめとする一連の疑惑について、「関係者の証人喚問を行い、真相の徹底究明と責任追及を通じて内閣総辞職に追い込もう」と強調。9条改憲に突き進む安倍政権を批判し、「改憲の発議を許さない一点で力を合わせよう」と呼びかけました。


林紀子県委員長は、この間の朝鮮半島情勢について、「非核化、平和をめざす流れが生まれている」と指摘。「対話を否定し、圧力一辺倒の安倍政権に世界の平和は守れません。いまこそ憲法9条の出番です」と述べ、署名への協力を呼びかけました。


署名した女性(60)は「ニュースでいろいろ見ていますけれど、安倍政権にはうんざりしています」と話しました。


この日、東予地区委員会と新居浜市委員会は、2台の宣伝カーで市内を回り、岡崎ひろし、井谷幸恵両新居浜市議らが各所で宣伝しました。


八幡浜市委員会は、同市の江戸岡交差点で街頭宣伝し、遠藤綾八幡浜市議ら3人がリレートークしました。

 

    ページの先頭へ


    search this site.

    新着記事
    更新履歴
    携帯サイト
    qrcode

    Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
    POWERED BY JUGEM