<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

伊方原発の三次元探査を県と四電に求めよ/学校給食費補助打ち切りの撤回を/宇和島市議会

2020年03月19日(木)

 

坂尾真市議

 

日本共産党の坂尾真市議は12日、宇和島市議会で一般質問に立ち、トラブルが続く伊方原発に対する岡原文彰市長の見解をただし、原発地下の三次元探査や消費税増税と新型コロナウイルスによる倒産・廃業を防ぐ即効的支援策、子ども医療費完全無料化とセットの学校給食費補助打ち切りの撤回などを求めました。


坂尾市議は、伊方原発で甚大な事故につながる、あってはならないミスが連続し、住民の不安が増大していると指摘。地震調査研究推進本部地震調査委員会の中央構造線断層帯の長期評価(第二版)は「本断層帯は長大で、活動度の高い断層帯であり、断層地下深部の形状等についてさらに調査し、特性を明らかにする必要がある」と指摘していると強調。市として早急に、最新の調査技術である三次元地震探査の実施を県と四電に求めるよう要求しました。


岡原市長は「原子力規制委員会も県も、その必要性はないとしているので市も求めない」と答弁。


坂尾市議は、広島高裁仮処分決定に異議申し立てした時に長井啓介四電社長が、原発停止で決算が悪化し、株主配当が減ることに懸念を示した発言を紹介。「『株主配当のために再稼働を急ぐのか』と憤りを感じる。会社の利益、株主配当を論じる姿勢に改めて四電への不信、原発への危機感を深めた」と訴えました。


坂尾市議は、子ども医療費完全無料化と学校給食費補助打ち切りをセットにしてきた岡原市長に、「私は、完全無料化を求めてきたが、給食費補助打ち切りとのセットには大反対だ」と力説。


岡原市長が施政方針で「口に入るものは、自己負担すべき」と述べたことについて、「市長の考えの根底には、『貧困は親の責任』との認識がある。貧困問題は、政治・行政・社会の問題であり、自己責任にしないことが貧困問題解決の前提だ」とただしました。
岡原市長は「子育て支援策再構築の考えは変わらないが、議員のみなさんの様々な考えがある中で、柔軟に対応しなければと考えている」と含みを持たせました。


坂尾市議は、学校給食費補助打ち切り撤回を要求し、「他市に先駆けて、なんの気兼ねもなく平等に給食を食べることができれば、子どもたちは宇和島市を誇り、市長が施政方針で述べたシティ・プライドが持てるのではないか」と訴えました。

    ページの先頭へ

    なぎさの湯の存続、代替施設建設を/市民のくらしを応援する予算に/大洲市議会

    2020年03月19日(木)

     

    梅木かづこ市議

     

    日本共産党の梅木かづこ市議は9日、大洲市議会で一般質問に立ち、市直営公衆浴場「なぎさの湯」の存続を求める1100人近い署名を届けたにもかかわらず、廃止条例案を出してきた二宮隆久市長の姿勢を厳しくただし、多額の費用がかかる大洲城の城主体験や古民家活用事業について質問。産休明け保育の実施、新型コロナウイルス対策として相談窓口設置と緊急融資などを求めました。


    梅木市議は「なぎさの湯は、災害時に278名の市民がお世話になり、市民の憩いの場であり、長浜にはなくてはならない施設。年間1万3000人が利用し、継続を願う署名を短期間に1100筆近く提出し、市長に会いたいと要望したが、一度も会うこともなく廃止条例案を出してきた。署名をどのように受け止めているのか」と質問。


    「合併前の旧自治体の周辺地域の公共施設を一方的に切り捨てることは、今後も切り捨てを行うのではないかと周辺地域の多くの方が心配している。合併の約束は、『サービスは高い方に』が調停事項だった」と市長の見解をただしました。


    「大洲城に1500万円で風呂ができるなら、長浜にも小さくていいから風呂を建設して」「臥龍の湯に週2回通えるバスを出してほしい」などの市民の切実な声を紹介し、代替施設を建設するよう要求しました。


    市中心部にある「臥龍の湯」(大洲観光株式会社経営の入浴施設)には、経営安定化のために土地の減額貸付や特別会計900万円で温泉水まで供給していると指摘。合併以来、過去最高の予算編成なのに、どうして「なぎさの湯」は廃止なのかと重ねてただしました。


    市は「署名が出されたことで廃止の方針は変わらない」と強弁し、代替施設建設も拒否。「なぎさの湯は、臥龍の湯と比べて利用者数も少なく、公益性も低下している」と述べました。


    二宮市長が答弁に立たなかったため、梅木市議は再質問で市長の見解を要求。二宮市長は「公益性が低下している」と繰り返し、市民に寄り添う姿勢を示しませんでした。


    梅木市議は、大洲城の城主体験や古民家活用事業について質問。「古民家改修で2億5000万円。市民にも議会にも十分な説明もなく進む本事業は、多くの方が『白紙に戻し、市民に説明を』と心配している」と力説。


    「市民のくらしを応援する予算にすることこそが持続可能な街づくりにつながり、街も豊かになる」と税金の使い方を市民本位に切り換えるよう求めました。


    傍聴した「なぎさの湯を守る会」の武内勝利代表は「存続を求めて、長浜支所の前で2日間、看板を立てて座り込みもした。梅木さんは、よくがんばってくれたが、市の答弁には、はらわたが煮え繰り返る思いだ。許せない」と話していました。

      ページの先頭へ

      上に向かってもの言う議員が必要/日本共産党 和気かずお氏が事務所開き/西予市

      2020年03月13日(金)

       

      50人が参加した事務所開きで決意を語る和気氏(8日、西予市)

       

      日本共産党の和気かずお西予市政対策委員長(市議候補)の事務所開きが8日、西予市野村町野村12の349の2の事務所で行われ、50人が参加。「上に向かってものを言う議員が必要」などと激励が相次ぎました。市議選(定数3減の18)は、4月19日告示(26日投票)です。


      和気氏は「人はすべて平等だと言い、正しいことを貫くのが日本共産党であり、だからこそ自分は入党した。災害やコロナウイルス問題などで困っている市民の声を一つずつ市に伝えていきたい」と決意表明。


      5人もの死者を出した野村ダム放流による災害の検証の場に、被災者を参加させないことを厳しく批判。「議会でも、まともな議論はなかった。言うべきことを、きちんと言う議員がいないと、また同じことが起きる恐れがある」と述べました。


      西予市日本共産党後援会の片岡一記副会長は「合併してから16年間、市議会に共産党の議席がなく、伊方原発廃炉や豪雨災害の問題、国の悪政から福祉やくらしを守る発言ができる議員がいない。和気さんを市議会に送り出すために力を貸してほしい」と訴えました。日本共産党中央委員会の山田兼三元南光町長は「和気さんは、産直を生協とも連携してやり、発想がすごい。住民のための大水害の復興をするにも、和気さんの議席は絶対に重要であり、党派を超えて運動を広げてほしい」と呼びかけました。


      日本共産党県委員会の石本憲一書記長は「和気さんは、豪雨災害では3回も政府交渉に行き、被災者の願いを実現しようとしてきた。こういう人こそ市議会に送り出したい。総選挙での市民と野党共闘の勝利、共産党躍進のためにも西予で議席を取ることは大きな意義がある」と訴えました。


      和気事務所は、☎0894(69)2310。

       

        ページの先頭へ

        教育施設再編計画に住民の声を反映せよ/いきなスポレク公園・野球場を守れ/上島町議会

        2020年03月13日(金)

         

        寺下満憲町議

         

        日本共産党の寺下満憲町議は5日、上島町議会で一般質問し、岩城橋(岩城島―生名島)の2021年度開通を前にした教育施設再編計画や、「いきなスポレク公園」・野球場を守る立場から宮脇馨町長の施策をただしました。


        寺下町議は、「町公共施設等総合管理計画」の中の学校教育施設について質問。「小学校、中学校、学校給食センター、教員住宅など個別施設を核とした街づくりや、災害対策の視点を盛り込み、岩城橋開通に合わせた、教育施設の充実をめざした計画を示してほしい」と求めました。


        高橋典子教育長は、岩城橋開通を見据えた個別計画については3月中に協議するとして明らかにしませんでした。


        寺下町議は「岩城橋完成が見える時期に来ており、小学校区や中学校区はどうなるのかと住民は心配している。町長は『当面は、いまの校区を守る』と明言するべきだ」と、町民への説明不足や遅れを厳しく指摘し、住民の声を計画に反映させるよう迫りました。
        宮脇町長は「見直し、廃止を個々の施設ごとに精査している。中学校統合は、協議の場をできるだけ早く立ち上げたい」と答えました。


        高橋教育長は「学校統合は、大変重要な問題。学校は、島の文化の灯台であり、住民、保護者の声をしっかり聴く必要があり、慎重に審議する」と答えました。


        寺下町議は、宮脇町長が社長を務める第三セクターの「株式会社いきなスポレク」が指定管理者として運営している、小学生スイミング教室や野球合宿の場である「いきなスポレク公園」と、リゾートホテル「インランド・シー・リゾートフェスパ」について、運動公園を守る立場から質問。


        野球場は17年の愛媛国民体育大会受け入れで施設整備し、利用者も増えて黒字であるにもかかわらず、フェスパが大赤字で会社の存続も危ぶまれていると指摘しました。


        宮脇町長は「スポレクもフェスパも残す決意で取り組んでいくが、スポレクに迷惑を掛けないようにする」と答えました。

          ページの先頭へ

          伊方原発トラブル 原因究明と再発防止に総力を/四電地質調査は不十分との高裁判断重く受け止めよ/県議会

          2020年03月13日(金)

           

          田中克彦県議

           

          日本共産党の田中克彦県議は5日、県議会で一般質問に立ち、1月に伊方原発で相次いだトラブルへの対応や、広島高裁が3号機の運転停止を命じた仮処分決定についての県の認識をただしました。学校現場での新型コロナウイルス対策を要望し、地域医療問題、教員の多忙化解消、誤認逮捕問題などについてただしました。

           

          田中県議は、伊方原発で連続したトラブルの原因について究明中であるにも関わらず、運転差し止めを命じた広島高裁仮処分決定に四国電力が異議申し立てをしたことを「遺憾」とし、「原因究明と再発防止に総力を上げるべきだ」と強調。


          県は主体的に原因究明と再発防止策の検証にどう取り組むのかなどに加え、1月25日に起きた全電源喪失の記者発表が発生から6時間も経過した後になった件について、今後は早急に発表するよう検討を求めました。


          福井琴樹防災安全統括部長は、県による検証は、原子力規制委員会の検証と合わせて県の専門部会で厳しく確認すると答弁。電源喪失後、予備電源が作動し、周辺環境に影響がないことが確認できたため、現地で必要な情報を収集した後での発表に至ったと経緯を報告しました。


          田中県議は、広島高裁決定が、四電による原発敷地周辺の地質調査を不十分と判断したことを「行政も重く受け止める必要がある」と指摘。


          高裁決定で示された2017年の地震本部による改訂「中央構造線断層帯長期評価(第2版)」で佐田岬半島沿岸部について「今後の詳細な調査が求められる」とされていることを示し、「県は探査の必要性をどう考えるのか」とただしました。


          福井部長は、4日に原子力規制委員会が、15年の3号機の設置変更許可時に行った海上音波探査などで活断層はないと判断できるとし、事業者への追加調査を求める必要はないと結論づけたことを受け、「(県も)沿岸部探査は必要ないと考えている」と答えました。

           

          新特措法つくる理由ない
          国は感染症対策の抜本的立て直しを

           

          田中県議は、一般質問の冒頭、新型コロナウイルス対策について触れ、新型インフルエンザ特別措置法「改正」案をつくる理由はなく、国は感染症対策の抜本的な立て直しを優先すべきだと訴えました。


          田中県議は、安倍首相による全国の公立小・中・高校の一斉休校の要請を「首相の独断」「説明がつかなくなると自治体に丸投げ。禍根を残しただけだ」と批判。


          「国は、専門家の科学的知見にもとづき、現場を信頼し、学校設置者の判断を尊重することが大事だ」と指摘しました。
          現在、新型インフルエンザ特別措置法が新型コロナウイルス対策に適用されていることから、「新たな特別措置法をつくる理由はない」と強調。


          「休業補償や医療、検査体制の拡充など感染症対策の抜本的な立て直しを優先すべきだ」と訴えました。


          最後に田中県議は、休校中の子どもや保護者への支援として、学校施設等での受け入れ対象の拡大や、入試を目前に控えた中学3年生への援助・ケアなど、必要な対策の検討を求めました。

            ページの先頭へ

            << | 2/207PAGES | >>

            search this site.

            新着記事
            更新履歴
            携帯サイト
            qrcode

            Copyright (c) 日本共産党愛媛県委員会. All Rights Reserved.
            POWERED BY JUGEM